ゲームの話やら、アニメの感想やら

 今月末、『創の軌跡』が出ます。OPが公開されましたが、エステルたちは登場するんですね。出ないと勝手に思い込んでいた。
 OPを見ていると、やっぱり私の中ではSCと3rdのOPは超えられないなぁ、と思いました。軌跡シリーズ、空の軌跡を多感な時期にプレイしたこともあってか、今でも空の軌跡のストーリーが一番好きです。特にSCと3rdは好きです。
 歴代で見ると、私としては新作が出るたびにストーリーは微妙になって行っている印象です。空→零&碧→閃4作、シナリオ満足度はこの順番で固定している。閃は、冗長過ぎたのかもしれませんね。
 もしかしたら、ストーリーの規模が大きくなり過ぎた結果なのかもしれない、とも思います。
 空は、エステルとヨシュアの物語であり、その延長線上で蛇と戦った感じでした。零&碧は、特務支援課メンバー中心の話。そこまでならいいけど、結局最後が『クロスベル独立』という伏線を張った挙句、途中経過を丸投げした。その丸投げした部分を、今回やるっぽい。個人的には、あまり褒められたやり方ではないと思う。ストーリーとしてはすっきりとしないんですよね。一方、空で逃げちゃったレンの物語が、碧で補完され、空から続いたストーリーが終結を迎える。こういう意味では、空の軌跡は碧で終わったとも言えます。この部分は良かったです。
 閃は、帝国全土から他の隣国を巻き込んだ大きな話となり、物語のスケールは壮大ですが、言葉にはしづらいけど、キャラクター一人一人の味が薄くなってしまった印象でした。結局、自分の好みとは合致しなかったんだと思います。4作もあるのに、薄くなってしまったというのは変な感じですが。
 創の軌跡は、どんな感じになるのでしょうか。物語として期待することは、今の所……う~ん、あんまりないかな。濫用し過ぎた、「くっ、勝てない!」→「助けに来たぞ!」 「これが俺たちの力だ!」→「そうか。また会おう」のパターンは、減らしてほしいものです。敵の幹部、逃げすぎやねん。ちゃんと倒せよ。


 艦これ
スクリーンショット 2020-08-01 07.39.55.png
スクリーンショット 2020-08-01 07.40.36.png
スクリーンショット 2020-08-01 07.39.44.png
スクリーンショット 2020-08-01 07.40.45.png
 水着モード。
スクリーンショット 2020-08-01 07.40.25.png
 これが、じじさんと運営が謎の攻防戦を展開していた結果なのか。没案が見てみたい。
 そういえば、ウチの艦隊のことについて、あんまり話したことがないことに気付きました。
 ウチの艦隊は、いくつかの軽い縛りみたいなのがあります。
 レベリングは、演習のみ。
 99レベルになると、必ずケッコン(仮)。
 演習とか、特に縛りがない、かつそんなに強くない海域のメンバーは、サイコロを転がして決めている。結構、色々な子たちが使えるのかな? と思ったけど、サイコロさんは結構偏るので、意図せず同じ子ばかりになったりする。ウチのサイコロさんは、睦月型と神風型が大好きで、私に酷い試練を課してきます。6-3任務で、如月を2連続で指名してきたときは、如月を愛でなさいという神の声を聴いた気がした。そして、1マス目の対潜で先制対潜を華麗にミスする如月ちゃんでした。サイコロの呪い? でも、道中で大破しなかった。偉い。
 初期艦は、吹雪です。ウチの鎮守府は、吹雪とよく分からず全資源ぶっぱなした結果生まれた利根さんと初ドロップの満潮の3人から始まりました。
 吹雪さんは、ずっと駆逐艦の中ではレベルが一番高い。満潮ちゃんは、今回のイベントでやっとケッコン(仮)となりました。ちょっと時間かかった。吹雪さんが一番レベルが高いのが結構謎で、イベントでは結構な確率でお留守番です。主な仕事は、支援に加わること。それだというのに、何故か一番レベルが高い。
 吹雪さんは、駆逐艦の中ではお姉さんで、艦隊の生き字引です。ウチの吹雪さんは、ヒロイン力を持っています(笑 そんな吹雪を支えている影のヒロインが満潮です。利根さんは、重巡系のまとめ役です。重巡系の中で一番レベルが高い。二番目が筑摩で、姉妹揃って頑張っています。筑摩は、かなり出るのが遅かったけど、気づいたら利根のすぐ下をずっとキープしている。これが姉を思う力なのか。



 アニメの話題


『デカダンス』
 掲示板で見た、「ヴァーチャルを楽しんでいる連中と今起こっていることがリアルだと思い込んでいる人間」というので、なんだかしっくり来ました。今回の話は、特にそうでした。巣を破壊すれば平和が訪れると思っている人間と、実はイベントの一環でしかないことを知っているカブラギとの思いのすれ違い。しかも、敗北が決定しているというところまでがシナリオというのだから、タチが悪い。


『ド級編隊エグゼロス』
 女王の子供で突然変異という子が出てきた。巣を叩いても、女王を倒さなければ意味がないのか。雲母の攻撃は、加減知らずで危なく女王の子供諸共になりかける。


『魔王学院の不適合者~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~』
 続々と仲間が増えていく。魔王がチートなら、勇者も当然チートなのか。この世界のバランスが凄すぎるな。


『Re:ゼロから始める異世界生活 第2期』
 スバルの過去と両親の話。スバルは、この物語が終わっても元の世界には帰ることが出来ないのだろうか。あんないい両親が居るのだから、ちゃんと自分の家に帰ることが出来たらいいのに。


『A.I.C.O. Incarnation』
 元々、配信が2年前の作品だったのね。自衛隊が動くと、反対派が動くいつもの光景(笑 目の前の危機があっても、彼らのやることは変わらないのかと、なんだか妙にリアルだった。


『とある科学の超電磁砲T』
 人の夢を体験できるカードと未来の事件を暗示する表示が出るアプリ。この二つが、今回の主題なのかな。OPに、『/』された子の姿が……。そっか、まだ生きている時間軸なのか。帆風さんがワタワタしていたり、泣いていたりと可愛かった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント