堕天王の逝く道

アクセスカウンタ

zoom RSS 日常と創作メモと進行具合

<<   作成日時 : 2017/07/08 21:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 拍手を頂いておりました。ありがとうございます。

 最初に、幽世喫茶最終話を上げました。

幽世喫茶最終話『タカという名の妖』

 1話〜3話がブログになかったみたいなので、時間がある時に記事を作ろうと思っています。何故ブログにないかというと、幽世喫茶の方が今のブログよりも古いからです。
 幽世喫茶を最初に書いたのがいつだったのか。データを何度も引っ越しをしているため、良く分かりません。今一話のデータを確認すると、最終更新日が2008年となっておりました。9年前ですね。実際は、それよりも古いのでしょう。
 そもそも幽世喫茶は、空白ノ翼から派生したものでした。ボツにしたものを再利用した形です。主人公の兎渡子は、空白ノ翼の琴菜から分岐したもの。
 初期の頃は、名前もなかった兎渡子。しっかりと物語として固めようと思い、姉の設定と共に名前を付けました。ちなみに、この名前は自分なりに良く出来た名前だと思っています(自画自賛。
 兎渡子とそのお姉さん烏華。一見、繋がりもない名前ですが、そうではありません。先に答えを書くと、『月と太陽』です。
 兎渡子は、『兎、渡る』、『兎』は『月』です。つまり、かぐや姫。
 烏華は、『烏』これは『とり』ではなく『カラス』。カラス→八咫烏(太陽の化身)。
 なので、『月と太陽』です。
 プロットを作った時と変わらない最終話となりました。一つだけ、ストーリーを飛ばしましたが。蓮華が、『ノロイ』という妖に呪われて、兎渡子がノロイを倒すというお話。最終話から考えると、全く関係のない話でしたので、ばっさりと。
 これで幽世喫茶は終わりとなりましたが、機会があればまた書くかもしれません。こんな事を書くとアレですが、兎渡子としてはまだ解決していない事が一つだけあるのです。それは、姉の烏華の精神を喰らった妖『ウツロ』がまだ滅びていない。この話までは、機会があれば書くかもしれません。一応、設定としては兎渡子の父親が異界で迷子になっているので(母親が外国に行っているのは、父親が居る異界に繋がる門を探すため)、父親を探す話とか、オセロット、ケツアルコアトルとくれば、テスカトリポカの話とか、設定だけの話はありますけど、こっちは設定だけかな。

 そんなこんなで幽世喫茶、終わりました。読者の皆様に感謝です。


 日常の話へ。
 朝倉で凄い雨となり、驚いています。私が住んでいる所は、朝倉からそれほど離れてはいませんが、それでも全然雨は降っていません。少し離れただけで、これほどの違いがあるのですね。


 他の創作の進捗具合です。
 空白ノ翼、四話後半〜五話冒頭、プロット見直しで白紙へ。一転二転、三転四転と転がしまくったけど、結局壁にぶつかって、どうにもならなくなったので初期の構想に戻しました。結局、初期の構想で良かったっぽい。余計な事をしなければよかった。
 アマトキは、少しずつ進めています。


空白ノ翼
 第八章『過去と罪』
 第一話『高倉姫子』 公開中。
 第二話『晃VS菖蒲』 公開中。
 第三話『思い出を』 公開しました。
 第四話『隊長を求めて』
 第五話『家出娘の里帰り』に変更。
 公開中。


 九章『夏樹・由紀子編』
 四話のプロット作成中。ほぼ終わったので、そろそろ五話へ。


地元小説『あまとき』
 最終話『アマトキ』
 少し進めました。

幽世喫茶 13作目 『お師匠様が来た』
 14作目 『タカという名の妖』
 公開しました。


参加予定イベント
 9月18日 九州COMITIA1 申し込みました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日常と創作メモと進行具合 堕天王の逝く道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる