堕天王の逝く道

アクセスカウンタ

zoom RSS 定期活動報告

<<   作成日時 : 2014/06/28 10:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

引き続き就職活動中です。30日に、二つ目の面接があります。一つ目の場所は、連絡なし。割とどうでもよくなりました。


6月に支払った税金の総額が、9万程になりました。貯金があるから払えるけど、こんなにまとめて来るとは驚き。貯金も70万ほど使い果たしました。残り70万程度ですね。7月中に就職すれば、一時金含めて、貯金を維持できると思う。
今年は車検があるけど、10月で車のローンが終了するので、ぐっと楽になります。
本当は、車のローンが終わるまで仕事を続けるつもりだったのですが、体が持たなかった。

そんな背景の中、ちょっと同人関係の遠征を止めようかと検討中。大阪文学フリマ、出たい気持ちはあるのですが、どうも自分の立ち位置が落ち着かないので、今の所見送る方向にしています。

1〜2年程度は、COMIC CITY福岡だけの参加、ということになるかも。


続いて、あまとき関連のお話。第八話ですが、少し時間がかかりそう。ごめんなさい。
世界観の設定に重大な欠陥がある事に昨日気付きまして、その世界観の描写を多くしている第八話は、この時点で5割以上は書き直し決定となっちゃいました。
新しい世界観の設定は、私の長編小説『空白ノ翼』の設定を流用することで、再構築可能でした。なので、後は旧設定の部分を新しいのに入れ替える作業です。

幽世喫茶は、少ししか進んでいませんが、それでも進んでいます。


艦これ、二次創作小説は現在ほぼ止まっている……かな? 色々な二次創作を読んで、書いてみたいと思う事はあれど、なかなかしっくりきません。
すでに書き終えている作品は、気が向いたら公開します。今は、多摩の話だけ公開中ですね。

艦これの二次創作は、創作を挟む余地がかなりあるので、二次創作にもかなりの設定の広がりがあります。私も、色々と考えて見ました。ちょっとご紹介。

艦娘と深海棲艦についてです。
私の二次創作設定では、艦娘は深海棲艦の『カウンター』として定義されています。深海棲艦が発生したから、それに抗う艦娘が発生した――『VS騎士ラムネ&40炎』における、勇者と魔王みたいなもの。

ならば、深海棲艦はどこから来て、何を成そうとしているのか。艦娘は、深海棲艦を倒す目的とは何なのか。

時代設定は不明ですが、スマホやコンビニがあるので現代のはず。深海棲艦は、現代に発生した問題とした場合、何故彼女らは、過去には存在しないのか。
海に沈んだ船たちの亡霊ならば、今も昔も、たくさん存在していていいはず。ならば、深海棲艦が発生した原因、きっかけが存在した、と考えるべきなのかな。

他のアニメやゲームを参考にするなら、『宇宙人説』、『実は人間の科学者が生み出した説』、『何かしらの封印を解いちゃった説』、『多次元説』……あとは、エネルギーの飽和? かな。

宇宙人説は、そのまま。地球を実験台にして――という感じ。
実は人間が――というのは、作った人の動機によって様々。これも良くある。『青の6号』みたいの。
何かしらの封印〜は、『朝霧の巫女』なんかで使われていた、現世と幽世の軛が引っこ抜けた、引っこ抜いた、そんな感じでしょうか。
多次元説は、他の次元の設定次第ですね。
エネルギーの飽和は、海に漂っている思念の量が多すぎて、溢れてそれが深海棲艦になったという結構単純な奴。これだと、人間が死滅しちゃえば、彼女らも消える。


私の中では、特にこれというものはありません。時々考えているけど、ピンと来ない。
そもそも何故深海棲艦は、海にしかいないのでしょうね。人の負の感情で生み出される化け物が海に居るなら、同じく負の感情が充ちている陸でも発生していい。
海にいて、陸にはいない。というのは、何かしらの違いがあるのかな。

ちょっと考えたのが、深海棲艦は陸を目指しているのではないか――というもの。彼女らが陸に上がる事で、陸に深海棲艦のようなものを発生させる因子となる、とかだと、海だけではなく陸にも彼らが湧いて出てくるようになって、大ピンチ。そうなる前に止めようとしているのが、艦娘というのも面白いかも。


そんな深海棲艦には、現代の兵器は通じるのでしょうか? 通じないから、シーレーンをズタズタにされていると考えるのが普通なんだろうけど。なら、何故通常兵器は効かないのだろう。アルペジオのようにクラインフィールドみたいなのを持っているのでしょうか。艦娘たちの艤装は、何故彼女らと戦えるのか。

私はこの疑問に、独自の設定を組んでみました。

深海棲艦は、特殊なフィールドを形成する。

強い力を持つ深海棲艦(戦艦、鬼、姫)は、仲間を引き連れて自分たちの領域を海に展開する。その領域は、全ての電子機器を始め、兵器そのものを無効にしてしまう。艦娘の艤装だけが、その領域内で兵器としての力を振るう事が出来る。

こんな設定なら、深海棲艦の居場所を衛星で見つけて、ミサイル打ち込んで終了。とかいう一方的な方法が取れなくてなって、驚異なんじゃないかな。と思う。
この設定なら、羅針盤を回さなければならない事についての、設定も説明できる。深海棲艦が作った領域は、現実の海域とは別物となり、太陽の位置や星の位置がバラバラになる。自分の居場所、進むべき道は、羅針盤を回す妖精さんが居ないといけない。というのとか、説得力あるかも。


もう一つ、深海棲艦についてですが、彼らは一種の怨霊なのだから、艦娘による場の浄化というのもあっていいのかもしれませんね。
いつも倒されちゃって可愛そうな彼女らですが、日本人的な宗教観だと、ちゃんと弔ってあげないといけないのかな、と思う。
本来は静かに海に漂っているだけの人々の思いが、あのような形で牙を剥く。それがその思いの真意なのか。艦娘には、彼女らを浄化する能力があっても良いのかな、と思う。
浄化する過程で、新たな艦娘が発生する、というのも面白いかも。
建造は、私自身は降霊の儀だと思っています(笑 船を作って、過去の船の魂を降ろす依代とする。成功すれば、船が艤装となり艦娘となるが、失敗すればただの鉄くずになる。みたいな。

大鳳の依代を作って、産み出されるまるゆか……。



そんな風に妄想したものを列挙しました。艦これの創作をされる人の目に留まった時、考えるネタになればいいな。
個人的にはね、深海棲艦の発生源は女の子でね、とっても悲しみに溢れているその子の思いが、深海棲艦を呼び起こしちゃった。とか、そういう設定好きよ。
ここで、それが実は主人公の吹雪さんで、深海棲艦は吹雪に会うため進撃しているとかなると、鬱展開です(笑
多くの艦娘のなかで、たった一人だけ中身が人間の子がいる……とか。

これだと『トップをねらえ2!』みたいだ。


ゲームの方は、特別することがないので、レベリング中です。大鳳レシピは、51連敗中。記念すべき50回目は、龍驤でした。愛しているよ、龍驤。
友達が大鳳レシピで、あきつ丸を出したのを見た後に回したら、私まであきつ丸を引いてしまいました。そして、その後龍驤を挟んで、またあきつ丸(4回目)。

人を笑えば、あきつ2つ……なんちゃって。





では、定期活動報告です。

空白ノ翼
第七章と第八章の間の話
停滞中。

幽世喫茶 12作目 未定
イメージを掴むため、とりあえず書いています。

地元小説『あまとき』
書き直し中です。


艦これ二次創作
こっちもちょこちょこやっています。


参加決定イベント
9月14日 第二回文学フリマ大阪→検討中


小説
空白ノ翼 第七章『覚醒予兆』

<あらすじ>
小泉由紀子の中に眠る、『赤鬼(せっき)』と呼ばれる力。その力が、由紀子の生命の危機に呼応して、発現暴走してしまう。『赤鬼』を封印するため、由紀子の親友である橘椿が奮闘する。

第一話 『沙夜の友達』 公開中です。
http://47762756.at.webry.info/201112/article_4.html
第二話 『覚醒予兆 前編』 公開中です。
その1 http://47762756.at.webry.info/201112/article_13.html
その2 http://47762756.at.webry.info/201112/article_14.html
第三話 『覚醒予兆 後編』 公開中です。
その1 http://47762756.at.webry.info/201202/article_5.html
その2 http://47762756.at.webry.info/201202/article_6.html
第四話 『由紀子は雪子だけど、由紀子が茜だった?』
第五話 『トラウマスイッチ』
その1 http://47762756.at.webry.info/201212/article_10.html
その2 http://47762756.at.webry.info/201212/article_11.html
第六話 『たった一人の肉親だから』
http://47762756.at.webry.info/201307/article_4.html

幽世喫茶
十一作目完成。次は十二作目。

福岡県地元小説あまとき
第五話以降は、もう少しお待ちを。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
定期活動報告 堕天王の逝く道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる