堕天王の逝く道

アクセスカウンタ

zoom RSS アニメの感想

<<   作成日時 : 2012/01/31 09:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今週は、夏目が良かったですね。原作でも好きな話だったこともありますが。Anotherとモーレツ宇宙海賊の感想が、少し書き難い。後は、輪廻のラグランジェが鉄板で面白い。今の所、ラグランジェが一番好きかも。微妙の感想の行数が多いのは、ただ単に納得がいかなかったことを書き連ねているだけです(笑

☆面白い
未来日記 16話
雪輝の父親登場。そして、雪輝の特訓。父親、卑怯すぎる(笑 そして、由乃は相変わらずのストーカーさん。一見、良さそうな父であるが、しかしそういうわけでもなかった。目的は、雪輝の未来日記、携帯電話。それに気付いたら由乃が、早速実力行使に出そうになった所を、雪輝が止める。マルコたちに呼ばれた時の、由乃の父親を見る目。確かに、由乃は『雪輝のため』という事に関しては、絶対にぶれない。それが、雪輝にとってマイナスになろうとも、それは裏切りではなく由乃の行き過ぎた思いが故の事。だから、由乃と父、どちらを信じるのか、それを考えた際、絶対由乃を信じるべきなんだろうけど。父というのは、いかせん厄介な存在。無条件に信じてしまいたくなる。というか、疑おうという自分自身を封印させてしまう、血の繋がり、父への願望と言うのが、障害になる。
携帯は取り返したが、崩れた床に飲み込まれてしまった雪輝。というところで、次週に続いた。

ちはやふる 16話
総集編でした。

夏目友人帳 肆 5話
原作では、Aパート分もなかった程度の小話だったこのお話に、オリジナルを加えて1話となっている。まさか、ユリコのその後の姿が見れるとは、思わなんだ。しかも、メガネ装着とな。そして、夏目にまとわりついていた妖の事についても、捕捉が加えられた。原作を上手に消化している。『ちゃんと夏目くんの事を見てよ』という台詞で、ほろりと来た。原作でも、このシーンは好きでした。
手紙→今回のお話と、結構切ない話が続いた。次回は、悪い夏目が見られる(笑

偽物語ニセモノガタリ 4話
髪を切って、メガネを外した羽川が登場。また、貝木か。火憐と蜂で、『かれんびー』だったのか。風呂に入っていると、出た、金髪幼女の忍。こんなに喋るキャラだったのか。一緒に風呂に入っている所を、月火に見られて。包丁持ってきた! 少し、話が動き始めた。

輪廻のラグランジェ  4話
転校してきた、ムギナミ。格納庫で出会った事は、さりげなくなかった事にしている。後半に、捕虜が脱走している事から考えて、裏で手引きしたのはムギナミ? のほほ〜んとした天然巨乳キャラかと思ったら、腹黒キャラだった。競泳大会で、ゴムボートに乗っていたランをひっくり返し、溺れさせてしまう。心肺停止状態になったのは、さすがにムギナミも計算外だったようで。ジャージ部に入ったムギナミ。そして、ウェイトレスを完璧にこなすムギナミ。それに嫉妬したランだが、こっちは予想に反して、残念ドジっ子属性だった(笑 しかも、学校に転入してくる。ランさん、さすがです。一方、指令はどんどん立場が弱くなっている(笑 『二つじゃないか!』、そりゃごもっともです(笑

アクエリオンEVOL 5話
OPに出て来ていた幼女は、理事長だったのか。前作で言う所の、リーナ枠でしょうかね。アクエリオンは、前の戦いの余波で、恋愛に達したら引きはがされてしまうのか。今回は、恋愛押しなのか。前は、『嫉妬』とかあったな。ということで、ギリギリのところで寸止めと。3人一組でデートとなったが、あのカエルはなんだ(笑 サザンカにとっては、生き地獄だな(笑 ゼシカも、猛アタックかけるが、アマタの思いはミコノへ一本道。二人の思いが急速深まっていく中、使えないドナールさん(笑 そこにカグラ登場。カグラは、やっている事は変質者そのものだな(笑

男子高校生の日常 4話
女子高の生徒会がやってきた。ヤンキーの溜まり場みたいだが、きめ細かいなぁ(笑 出た、石田。彼が、『りんごちゃん』というと、別の作品を思い出してしまう(笑 男子校の生徒会長VS女子高の生徒会長(笑 BGM付きで、唐沢さんが綺麗にごまかしてくれた。さすが、出来る男だ。そして、Cパートがまた女子高校生は異常(笑 小林さん、酷過ぎる(笑 心の底から、楽しんでいる気がしてならないな。

あの夏で待ってる 4話
お互いに意識した状態が続く。包丁が落ちて、りのん大ピンチ(笑 柑菜は、ガツガツ地雷踏んでいるなぁ・・・今回も、イチカと海人の妄想、多すぎる(笑 妖艶な美人が出て来たが、哲郎のお姉さんで既婚者だった。イチカ、りのんを呼び出すとき怖すぎる(笑 ヘタレ海人くんの選択ミス。意外とスパルタ教師だった。そして、遂に夏休みという事で、次回からが本番なのかな。

Another 4話
看護師さんが、死亡フラグが立ちまくりだと思ったら・・・一話に一人死んでいくな。

persona4 the ANIMATION 16話
少し絵柄が改善した? 直斗回。真犯人は別にいる――ということで。モロキンと、前二人の死因が違うのは決定的だよな。直斗自身が囮となって、結果的にテレビの中へ。最後の方で、女性であることも明かされた。老化とか、そんな状態異常あったな(笑 ジュネスが犠牲に(笑 そりゃ、逃げるよな・・・。完二が、結構一生懸命。公式は、直斗×完二を押しているのかな。こっそり、皇帝コミュも消化した。

妖狐×僕SSいぬぼくシークレットサービス 3話
凛々蝶、学校へ。相変わらず、衣装がメニアックだな(笑 下っ端が、いきなり妬み全開で牽制。こんなお馬鹿になら、その毒舌は全然問題なし。今回は、ちゃんと『シュン』としている。御狐神君のキスシーンで、一転、契約解除の事態へ。基本的に、野ばらさんはいい人なんだよな。反ノ塚の扱いが(笑
懇親会の会場で、また出て来た馬鹿二人。水をぶっかけて、凛々蝶は自分でかぶって。壇上に上がる時の、凛々蝶の可愛さが、マジ神。
Cパートで、渡狸出て来たか。残夏の声に、かなりの違和感。これで、後は蜻蛉ちゃん合流で揃い踏みか。

☆普通

キルミーベイベー
 4話
あぎりさんのキャラが、クセになる(笑 いくらなんでも無計画にアイスを買い過ぎだ。ソーニャが狙われているという事で、4話にして少し展開が異なる。あぎりさん、まとめて携帯も投げた(笑 暗殺者は、空気読んだのはいいが、どうやってロッカの中を移動したんだ? 暗殺者第二弾は、変装してきた。やすな×3とか、超うぜぇ(笑 しかし、最後は一網打尽にされる。

モーレツ宇宙海賊 4話
謎の船に追跡されている事が判明。その船の正体は、『幽霊船』? いいえ、偽装していただけでした。茉莉香は、その本領をいかんとなく発揮しているな。次週は、直接対決か。

パパのいうことを聞きなさい! 3話
結局、親戚判断ぶっちぎって、連れて帰ったか。まだまだ大学生だから、知恵も回らないのかもしれんね。こういうのを見ていると、いくつか考えてしまう。両親の保険金は? 貯金は? 家はどうしたの? あの家も財産なんだからさ、使わなければ売ればいいのにね。親戚に交渉しても良かったんじゃないのかね。引き受けるから、親戚に協力しろっと。一人引き受けるよりかは、安く済むだろうし。今回は、急いで出て来た感じなので、そこら辺の説明は後からあるのかな。養子が可能か分からないけど、一番下の子を養子に入れれば、父子手当と言う手も。そこら辺、分からないなら親戚に聞くべきだろうなぁ・・・。猪突猛進に、感情の赴くまま飛び出すのは、子供たちの事も考えて、正直愚策だな。
両親の死についての受け止め方は、それぞれで。まだ実感が湧かないというか、受け止められていない感じ。ひなは、そもそも『死』を理解できない。けど、少しずつ子供というのは成長し、そして大人よりも驚く程鋭く空気を読むから、その内『あぁ、もう帰ってこないんだ』と理解しちゃうんだろうけど。
これからどういう風に表現していくか。

☆微妙
ギルティクラウン GUILTY CROWN 14話
このアニメ、一話の中で途中まで盛り上がって、最後のオチで全部ダメにする。そのパターンを何度やらかしたらいいんだ?(苦笑 そろそろ、学習しないのか。それとも、それがこのアニメのお家芸か、何かか。
会長は、祖父が助けに来るまで待て。というが、変な煽り屋がいて、意見は通らない。まぁ、『漠然と待つ』と言われても、何もプランもなく、縋るものもなければ、人は不安で押しつぶされちゃいますがね。だからといって、会長の不信任案は、愚策だ(苦笑
ヴォイドの強さを測れる、スカウター登場。いのりは、計測不能なのね。遂に内側の浄化が始まる。無差別に撃ち殺すな。そして、壁が移動するのかよ! どんな原理で動いているんだ、この壁。それに、なんでわざわざこんなやり方? 中の人の不安を仰いで、反発してくることを誘っている? 事務的に処分するなら、焼けばいいだろうに。ロボットを動かすのも、弾も、電力も、全部コストがかかるんやで。無駄過ぎる。
その状況下とデマで、学園内もごたごた。『葬儀社の人間を差し出せば出られる』とか。ちゃんと考えれば、『ウィルス罹患者を出すわけがない』という事ぐらい分かりそうだが、極限状態の人にそれを判断するのは難しいか。背中にタトゥとか、エロ同人誌ネタだわ!
いのりは、さっくり撃ち殺したな。この行動のせいで、後から全部集の行動が欺瞞に満ちたものに。緊急生徒総会で、会長はまた馬鹿の一つ覚えを繰り返す。あっさり捕まってしまった、綾瀬とツグミ。公開脱衣ショーの開幕。ようやく、集が動いて、デマだったことをツグミのヴォイドを利用して明らかにした。ツグミのヴォイドいいなぁ。
『みんなが助かる方法を』と言う集だが、その皆の一部を撃ち殺したお馬鹿がすぐ傍にいるんですけど。彼を生徒会長に祭り上げるのはいいが、いのりが殺した生徒たちがなかったことになるわけがなく。人殺しの魔女を擁護する人間が、生徒会長って。バレたら、詰みじゃないか?
そして、ヴォイドによる階級制! キタコレ! 無限のリヴァイアスの再来だ! だから、何で階級制にするんだよ・・・。変なトラブルを発生させる元を作ってどうする。
最後の方、『何この出来レースというか、安い展開というか・・・』、途中『あぁ、少し面白いかな』と思ったのに。思ったのに(苦笑 最後に呆れるのが、ギルティなんだろうか。

戦姫絶唱シンフォギア 4話
奏は、素質で手に入れたわけではなく、執念というか怨念というか、マイナスな感情によってシンフォギアを得たのか。にしても、血を吐き過ぎ。演出にしても、吐き過ぎ(苦笑 大動脈瘤破裂とかなら、アレぐらいは出るけど、その年で大動脈瘤とかないでしょ? 吐き過ぎ(笑
前回の話をすっぱり忘れていた。奪われた『ネフシュタンの鎧』を纏う少女。2年前の時に奪われていたのか。『奪う』とか、鎧の力でノイズを『産み出す』とか、やはりノイズ自体は手足に過ぎず、頭に相当する存在がいるのは確定なのか。しかし、鎧を奪った理由は? 彼女は誰に従っているのか? 人が従う以上、人とコミュニケーションとまではいかなくても、命令を伝える事が出来る存在ではあるようで。
あっさりと捕まる響は、ダメな子。ていうか、逃げるなよ(苦笑 そして、『防人』と自負するなら、たかだか目の前の一兵士を倒すぐらいで、あっさりと自分の命を燃やし尽くすような捨て身の技を使うなや。そいつを倒したら、全ノイズが消えるとかならまだいいけど、そいつを倒したところで鎧回収程度の目的しか果たせないだろうが。残されたものはどうする。そんな刹那的なことでいいのかよ、防人。しかも逃げられてるし(笑 ダメじゃん。
一命を取り留めた翼。響も思うことがあるようで。しかし、彼女の言葉には何の感慨もない(苦笑 右から左に流れていく程度に、何も重さを纏わない台詞は、脚本の失策か? それともキャラの持ち味?
修行フラグが立って。誰かの代わりではなく、響自身として戦う事。それが、確かに正しい。どんな理由を付けようとも、人は結局、自分のためにしか戦えないのだから。
ようやく準備というか、前振りが終わった感じがするけど、来週から面白くなることに期待。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アニメの感想 堕天王の逝く道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる