堕天王の逝く道

アクセスカウンタ

zoom RSS アニメの感想

<<   作成日時 : 2011/12/27 10:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今週は、色々と最終回。今の所、一番記憶に残った最終回は、シュタインズゲートだったのですが、一通り今期の最終回を見ても、それは揺るぎませんでした。シュタゲは、やっぱり良かったなぁ。
ピンドラは、その雰囲気を崩すことなく、ピンドラらしい終わり方。アイマスは、後半で総集編みたいな内容に。僕は友達が少ないも、前半が総集編。UN−GOは、いきなり妖怪バトルが始まりましたが、結構きっちりと終わって、良かったです。今の所、UN-GOの終わり方が一番好きですね。ちはやふる、2クールでしたね。1クールだと中途半端だなぁーとは思っていたのですが。これは、ますます楽しみです。
粗方終わったので、いよいよ冬というか新春のアニメだな。とはいえ、来週の『アニメの感想』はお休みかな。次からが忙しくなりそうだ。

☆面白い
WORKING’!! 最終回
身長が伸びたぽぷら。ショックを受ける小鳥遊と佐藤さん。酷い落ち込み具合だな(笑 ぽぷらの悩みを山田が聞いて、山田が捏造して、皆に流布。全員戸惑いまくって、罪過ぎるな山田。最終回だけ喋る、普通の松本さん。やっぱりいじられ役だな、彼女も。ぽぷらのバイトを辞める件が解決はしたが、山田の罪がなくなるわけではない(笑 そして、身長が伸びたことについても、背伸びするスキルが上がっただけだったと解決。Cパートで、伸びていなかった現実を、ぽぷらも知る(笑 最後のコマは、1期と同じだったけど、山田が見切れていた(笑
一期と同じように上手に終わった。三期は、原作が溜まればいつでも作れるな。

persona4 the ANIMATION
ボイドクエスト始まりました。クマのペルソナ見せ場になっていないような、見せ場。ボス戦で、急に場面が切り替わり、『???』となる。いつのまにかボイドが終わっており、番長が徐々に孤立していくという内容。それは敵が見せる幻覚であり、ジュネスが番長の名前を呼び、引っ張り出した。番長、怒涛のペルソナチェンジ。結局、番長一人で押し切った形になった。ミツオ君、逮捕。最後は、オムライス対決(笑 でた、『不毛な味』、『普通にマズイ』(笑 菜々子ちゃん、どんだけ天使なんだよ。
今回は、割と良かったと思う。来週は、神回の予感がするなぁ。ざっと見た限り、死神、隠者、搭、節制をするのかな。

侵略!?イカ娘 最終回
イカちゃんが侵略している。千鶴さんは、警察を呼ぶ必要はないのではないか?(笑 早苗に対しては、ぶれないイカちゃん。ちょっと調子に乗っていると、あとから痛い目を見る。千鶴さんの一言で、イカちゃん逃げ出した(笑 ゾンビになっても、早苗だけはいつもと変わらない気がするな。
栄子とイカちゃんの喧嘩。セーブデータが消されるのは、うん、怒っていい。ラスボス前とかだと、もう一回やる気も起きんだろう。ペルソナ4とかだと、多分60時間ぐらい経過しているデータだよ。ギスギスのまま、縁日に参加し。雨が降る中、イカちゃんの行方が分からなくなる。探す栄子。さすがにイカちゃんは、溺れたりはしないだろう。タコさん現れて、イカちゃんの居場所を教えてくれる。タコさん、いつも最後に出て来るな。綺麗に終わったように見えて、また二人喧嘩している(笑
イカちゃんも無難に終わったな。三期、あればいいね。

輪るピングドラム 最終話
遂に兄弟対決。苹果ちゃん、乗り込んできて。運命の乗り換えを実行する――と。その為の呪文、それは陽鞠が大好きな言葉と一致していた。そもそも、冠葉と晶馬、選ばれるべきは冠葉だったのか。その冠葉の果実を、晶馬に分け与え、晶馬はそれを陽鞠に渡した形だったのか。最後の『生存戦略』、キター! 晶馬が冠葉にもらった果実、それを取り出した晶馬。それそのものが、ピングドラムだったのか。『運命の果実を一緒に食べよう』、苹果ちゃんが、呪文を唱えた。苹果ちゃんを包む、炎。それを晶馬が肩代わりして、冠葉は眠る陽鞠を乗り換えさせる。苹果ちゃんと陽鞠は生き、冠葉と晶馬は消えた。真砂子も冠葉の事を夢だと認識し、マリオさんも生きた。写真盾の中の写真が、変わっている。寝室に・・・例のぬいぐるみが! 乗り換えが行われても、少しは前の事が残っているのだね。そして、冠葉と晶馬は、子供に戻ったのか。
いくつか分からない事もあったけど、ピングドラムの雰囲気を崩すことなく、最後まで走り切った。いまいち盛り上げにかけたように感じたけど、綺麗にまとまっているのでこんなものかな。それに、陽鞠と苹果ちゃん、晶馬と冠葉、それぞれ生きたのだから、良かった。
半年間、楽しい時間をありがとう!

未来日記
病院籠城の雪輝一行。来須に自殺を求めるみねねだが、あっさりと断られた。あまりにも警察の動きが早く、取り押さえられてしまう雪輝。由乃が助けに来たが、相変わらず戦闘スペックが高い由乃。爆弾かと思ったら、スタングレネード。みねねの方は、外に出てまた例の警官と遭遇。みねねの仕掛けた爆弾が起動し、雪輝は生きた。由乃は気絶していたが、来須の手に渡り人質に。日記では、弾は由乃にあたってしまう。でも、なんか気合で日記の予知が変わった? ここで日記の内容が変わる理由が分からん。何もアクションしていないのに。感情の起伏で、未来が変わるのか? 弾は予知通り来須にあたり、みねねが到着。最後の切り札は、取引の時の録音か。来須は自分の未来日記をへし折り、みねねに『息子を頼む』と遺言。しかしその後、雪輝に『生き延びろ』と。みねねが神になり、息子を生かすなら、必然的に雪輝君は死ぬわけで。そんな雪輝に『生き延びろ』とは、どういうこと? 錯乱していたのか。それとも、雪輝をはめた罪から出た言葉か? 思わず、『どっちやねん』と突っ込んでしまった。
都合よく、諸々の出来事がなかった事になった。雪輝が銃を撃った件も、撃たれた側が死ななかったからと言って、なかった事にしても良いのやら。由乃のヤンデレが加速している? バックの中身が、色々と酷い件について(笑

ちはやふる
トロフィーを得ても、マイナーな競技のためか、学校でも家でもまったくお褒めの言葉が・・・。出来たばかりの新参が優勝なんて、凄い事なのにね。勉君は、成績を落としたとはいえ上から5番目。千早、下から5番目(笑 千早は、もっと頑張るべき。それぞれが次の大会に目指して動いていく。顧問の先生も、部活の様子を観て気持ちを改めたようで。同行することになったか。そして、父親は千早の分を作ってくれていた。うん、これは泣いていい! 

UN-GO 最終回
謎解きが始まった。集められた面々。新十郎が、謎を解いていく。梨江が見ていた海勝の方が偽物か。護衛の水野が、情報を漏らしていて、倉満議員もそれに加担していたと。銃声が聞こえて、速水が射撃。あ、風守のぬいぐるみがー! 一人突っ込んで行って、速水落下。代わりに現れたのは、海勝。でも、新十郎には幻覚が効いていなかった。なぜなら、本物の海勝を認識していたから。梨江ちゃん、露骨に引いている(笑 速水の動機が不純すぎる(笑 別天王VS因果。それぞれ本来の姿に戻って戦う。まるで違うアニメだ(笑 結局、別天王、因果に食べられる。速水、飛び降りるが、因果が引っ付構えた。か、格好悪いなぁ、速水(苦笑 海勝は、さも良さげなことを言っていたが。しかし、水野を殺したのは本当。水野が、海勝の後ろめたいことを握っていたため、消したと新十郎は言う。二人の勝負は続く――みたいな感じで、分かれた。新十郎、梨江に過去の事を話すのか。途中で言葉を消したのは、映画を見てくださいねということなんだろうね。風守のツインテール! 最後にありがとう!
UN-GO、二期があればいいな。

THE iDOLM@STER アイドルマスター 最終回
最終話は、ライブ。前半は、OP。グリグリ動く。後半、律子も加わって、総集編風味のPVに。さすがに、後半もゴリゴリ動かせるほどの、パワーはないか。小鳥さんが、すっかりPの嫁みたいになっている。最後、社長が騙されるというオチ付き(笑 とても無難な最終回。二期もあるといいな。

☆普通
僕は友達が少ない 最終回
夜空視点での総集編。地味な努力を積み重ねていたのね。マリアに対する横暴な態度は、初対面のマリアの横柄な対応に起因していたのか。夜空が男の服を見ても、あまり雰囲気は変わらない。また『マルカジリ』か(笑 原作が終わっていないタイプの作品にありがちな、二期を匂わせる終わり方。でも、人気なかったらこのままフェードアウトなんだろうね。結局、2〜3話が神過ぎたな。

ベン・トー 最終回
先輩は、風邪でダウンのまま。佐藤が弁当を取りに行く。オルトロスの棍棒。ラスボスっぽく見えたが、ただの噛ませ犬というか、ヘタレ犬。オルトロスの件、何があったのかと思えば、二人とは戦わないという方法を取って、追い出しただけなのか。なんという、しょぼさ。佐藤の腹の虫、相変わらず音鳴らし過ぎだろう(笑 それが鬨(とき)となり、オルトロスの棍棒のしょっぱい作戦もご破算。オルトロス、可愛いよ。戦闘になったら、やっぱり弱かった棍棒さん。前半で尺を稼ぎ過ぎたためか、後半の戦闘はばっさりカット。オルトロスは、前回勝ったのに、今回は負けたところを演出されないまま、敗北。オルトロスを破る所は、ちゃんと見たかったなぁ。佐藤は、一番いいのを取ったのか。先輩、マジヒロイン。だけど、最終話は先輩がオルトロスを破る所で締めて欲しかったという、希望があった。でも、佐藤がどう打って出るのか、とてもワクワク出来たので良かったかな。
綺麗にまとまって、良かったよ。面白かった。

☆微妙
ギルティクラウン GUILTY CROWN
素人をあてにする、葬儀社。どんだけ、ヴォイドに頼りきっているんだよ。父親を撃ち殺す、ダリル。しかし、ロボットの使う銃の口径で撃ったのに、原形を留める死体って。どんだけ、威力がミソッカスなんだよ、その銃。集は、皆のヴォイドを使いたいとお願いし、状況説明。生きていたヤヒロ君。彼の問いに、『自分を必要としてくれるから』と、自己満足のためにテロリストに手を貸している、構ってちゃんですよと宣言。それに対して、ヤヒロ君、なんで納得する(笑 いま、目の前の奴、変な事言っていたよ?! それでいいの?
皆と一緒に、イノリの所へ。また集が、主人公補正という謎補正で、一般人以上の不思議な動きをしている。結局、どんな生き物なんだよ、この主人公。イノリの所に辿り着いたら、また変な奴が現れて、剣を引っこ抜いた。
・・・盛り上がる所なのに、なんだろう、気持ちは盛り下がっていく(苦笑

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アニメの感想 堕天王の逝く道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる