堕天王の逝く道

アクセスカウンタ

zoom RSS 空の軌跡 the 3rd 感想

<<   作成日時 : 2010/09/28 18:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

クリアして少し経ちましたが、感想です。
もうすぐ零の軌跡発売だし。


空の軌跡 the 3rd

空の軌跡FC→SC→3rd。おまけディスク扱いですが、しっかりとした内容量で、クリア時間はFCを上回る。確か、50時間ぐらい。全タイトル合わせて、150時間オーバーという(笑。壮大なRPGです。ペルソナ4三週分ぐらいある。
主人公を謎のままだったケビンとケビンの幼馴染のリースと共に、再び起こった事件を解決してく。そんな内容。SCの後日談や、残った謎、ケビンについてなどを、シナリオや扉という要素で明かしていく。
船で旅をしているうちに、レベルが1に戻っちゃう某赤毛の剣士様と違い、レベルは90・・・だったかな、それぐらいからの開始。クリア時は、143ぐらいったかな。
扱えるキャラクターが、16人という(笑。アーツも強力になっていくから、縛りが強いキャラはどうしても使いにくくなってくる。SCで主力だったクローゼは、ベンチ要因。アイツ使いにくいわぁー・・・。
基本のケビン、リースに加えて、序盤はティータとアネラスを使ってました。ティータは愛。アネラスは、武器が強いから。徐々に仲間が増えるにしたがって、ケビン、リース、エステル、レンというパーティに。ヨシュアやリシャールも使い勝手が良くて、使ってました。
他のキャラなんて使わなくてもいいよね・・・と思っていたら、最終ダンジョンは全員参加という(苦笑。最後のダンジョン煉獄を、4周してレベルの底上げを。でも、最終ダンジョンでキャラの配分を間違えて、正門が大苦戦という(笑。右門にリシャールとミュラーを配置したせいで、他の火力が足りなくなった。ラスボスは、エステルのSクラフト連発であっさり轟沈でしたので、余裕。
全体を通して強い! と思ったのは、カシウス・・・。アイツの攻撃がクリティカルに被るのを防げず、そこでなんとSクラフト発動される始末。レンに2万とかダメージが出て『いじめないでぇ・・・』と轟沈する始末に。あの時は、肝を冷やした。カシウスの相手をするぐらいなら、レーヴェと戦っていた方が、まだ楽だった。怖いよぉ、お父さん。

キャラで好きだったのは、エステル、リース、レン、ティータとアガットかな。単純な戦力では、ミュラーさん、リシャール辺りが強かった。レンも縛りなしの一つ繋がりだから使いやすかった。『ゴロゴロうにゃぁ〜ん』を聞きたいために、使っていたわけでは決してないよ。決してね・・・!
アガットとティータの母親の話は、面白かった。後は、話として印象的だったのは、レンの扉ね。まぁ、PSP版なので7割ぐらいカットされていますが。零の軌跡で、レンの両親が出るって本当?

主人公に格上げした、ケビンとリースもなかなかのコンビで。ケビンが己の過去を受け入れ、リースに手を引かれて変わっていく姿はとても良かった。

ラスト、扉へと駆け込んでいくシーンで感無量。いい終わり方でした。あ、『ワカメ!』とか言っている人を忘れているような気がするけど、きっと忘れたままでいいんでしょうなぁ。

なかなか面倒な所があったり、他の方々の評価を見るとNPCとの会話がないなどで不満点があったりするようですが、全部終えてみればいいゲームだったのかなと思う。SCの後日談だと割り切れれば、何も不満はない。零の軌跡には、エステルとヨシュアも出るし、零の軌跡をやるならやっぱりやっておくべきだろうか。
零の軌跡で、レンとエステルの話も終わればいいのですが。

空の軌跡 the 3rd 面白かったです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
空の軌跡 the 3rd 感想 堕天王の逝く道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる