堕天王の逝く道

アクセスカウンタ

zoom RSS 中身は特にない

<<   作成日時 : 2008/09/26 08:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

タイトル通り、今日はなにか『これだ!』というネタがあっての日記ではありません。
思いつくままに、ダラダラ・・・と。


とりあえず、今考えている事は、PhantomFiveのHPの改装である。しかし、これは現在修正中の長編小説が終わってからではないと、方向性が見出せないため、今はまだ案があるだけ。とりあえず、友人が作った方にはめてきたので、そろそろ私らしいものにしようかと。
昔は、PhantomFive・・・『Five』と記されている通り、5人の仲間によって作られたサークルだったので、HPも私一人のものでは、本来なかったのですが。
今思えば、現在活動中なのは、私と有田さんぐらいで、ほぼ外注のような扱いの東雲さんを含めても5人にもならない。長編小説をオフセットにする案もあるので、ここらでサークル名を変えるのも悪くはないと思う。

まぁ、サークル名にしたいようなものがないのも事実だけど。検案事項ですな。


小説の執筆状況は、体調不良が半分、長編小説のこだわりが強いのが半分・・・すなわち、長編小説しか現在進んでいません。『MeIderuEren』も進めたいのですが、いまいち集中できない。どうしても、長編小説を書きたい! という気持ちが強すぎて。構想のほうは、なんとかなったので、あとは書くだけなんですが。
自分の気持ちを踏み潰してまで、MeIを書いてもしょうがないので、やりたいことをやっとこうかと思う。
現在、長編小説は第四話を修正中。残り二十話近くあるよ。

四話を修正中に、またキャラの性格の歪みにぶち当たる。
長編小説の修正の際、第一章の主人公である小泉由紀子(ゆきね)の性格と台詞に修正を加えた。
続いて、重要人物である氷女沙夜(こおりめさや)の性格も修正しないと厳しい事が判明した。

氷女沙夜は、昔文通をしていた方から頂いた子です。他人から頂いたキャラなんで、最初からいくつかの縛りが存在していたのが、歪んでしまった最たる要因かと思う。
氷女沙夜については、最初、二つの設定案がありました。
一つは、名前が表す通り、『氷女』・・・すなわち、『雪女』。
触れるもの全てを凍結してしまう彼女は、全身に能力封じの札を貼り付けられている。そんな設定。
しかし、この案は棄却され、次の案が通りました。
『氷女』と呼ばれる一族の末裔。氷女の始祖、サトリの力を受け継ぐもの。
これが現在の能力の基礎である、霊媒と感応能力・・・すなわち、死者の声を紡ぐもの、他者の心を読むもの、この二つの能力を有したのが、沙夜である。
そして、青い瞳を持つ。

結果的に、私はこの能力も利用して、別の能力を付加したり、色々と後から設定を組んだのですが、
本来、このキャラを作ってくれた人の沙夜の性格(根暗な女の子)、
私が沙夜に求めていた性格(優しい女の子)、
能力と過去を検証して地道に導き出した性格(一見優しいが、非常に狡猾な女の子)、
この三つの食い違いが、『違う』『違う』と言い合って、今の半端な性格の氷女沙夜と成り果てました。
修正前は、全ての要素を抱えていた。私が、優柔不断なためなんでしょうが。

とりあえず、今は全てのこだわりを捨てて、三番目の能力と過去から導き出した性格が一番自然なのだろうと思い、そちらで修正中。
性格には、本来その人が持つ要素と、環境によって付け加えられた要素の二つがあり、本来その人が持つ要素は、死ぬまで変わらないというのが、私の見解です。
沙夜については、私なりに『こうあって欲しい』という思いが実に強い。その部分を、そのまま沙夜の本来もつ要素に取り組んで、後々、その要素が表に出るようにしていきたい・・・まぁ、そんな感じで調整中です。
沙夜ちゃんは、頂いた時から大好きなキャラなのです。思い入れが強いと、歪みが強くなる。
悩ましいものです。
作者の『こうあってほしい』は、簡単にストーリーを歪めてしまう。それはいけないことだと、私は思っている。
でも、なかなかキャラがキャラらしく動き回る小説なんてものは、書けませんが。


最近、休みが多いので、微妙にだらけています。
関西コミティアの準備もしないといけないが・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
中身は特にない 堕天王の逝く道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる