テーマ:幽世喫茶

幽世喫茶最終話『タカという名の妖』

 登場人物、前の話の内容などは、幽世喫茶目録を見てください。  幽世喫茶 最終話『タカという名の妖』  兎渡子(ととこ)は、両手に黒いグローブを付けて、珈琲を淹れていた。黒いグローブは、兎渡子の力を封印する。結局、『幽世(かくりよ)珈琲』を淹れるのを、彼女は断念したのだ。  元々、偶発的に発動したも…

続きを読むread more

幽世喫茶十三作目『お師匠様が来た』

2015年7月20日 加筆修正しました。 幽世喫茶の十三作目です。ここからは、物語の終盤。シリアスな話が最後まで続きます。 幽世喫茶については、幽世喫茶目録をご覧ください。    幽世喫茶十三作目『お師匠様が来た』  来客を告げる鈴の音が鳴る。客は、厄神社に根を張る妖(あやかし)タカであった。…

続きを読むread more

幽世喫茶目録

結構量が多くて、しかも見にくいのでまとめました。 幽世(かくりよ)喫茶とは? 人ではない、幽霊や妖に珈琲を振舞う変わった喫茶店、幽世喫茶。そこを中心に起きる、現代ファンタジー小説。 登場人物 乙衣兎渡子(おとぎぬととこ) 幽世喫茶のマスター。『幽世を奏でる指』という特殊能力を持つ。その指が触れることにより、普通の珈…

続きを読むread more

幽世喫茶十二作目『太陽神の御来日』

幽世喫茶の第十二作目となります。十一作目から一年と四ヶ月も経過してしまいました。大変お待たせしました。 幽世喫茶については、『幽世喫茶目録』をご覧ください。 今回のお話のあらすじ 幽世喫茶に再び届いた木箱。中から姿を現したのは、ケツァルコアトルと名乗る女の子だった。「オセロットに会いたい」と語る彼女に纏わるお話です…

続きを読むread more

幽世喫茶『姉さんの遺言』

幽世喫茶の第十一作目となります。 幽世喫茶については、『幽世喫茶目録』をご覧ください。 今回のお話のあらすじ 散歩をしていた兎渡子は、幽霊の菜桜と出会う。彼女は、妹にどうしても伝えたい言葉があると言う。兎渡子は、菜桜に押される形で、知り合いの付喪神玖史(くし)に頼み、人型を用意してやることに。それがとんでもない事態を引…

続きを読むread more

幽世喫茶偽典『そんな感じで、チョコチョコなお話』

幽世喫茶については、目録で確認してください。 今回の『偽典』は、いわゆる外伝です。本来の時間軸を気にしていたら、色々と制約が多すぎるため、本編の方とは切り離した時間軸、パラレルワールドを作りました。 偽典では、季節や行事に合わせた作品を書いて行こうと思っています。今の所、続けられるかどうかは分からない所ですが、とりあえず『バレン…

続きを読むread more

幽世喫茶『牡丹抗争』

幽世喫茶の第十一作目となります。 幽世(かくりよ)喫茶について 現代ファンタジー小説です。記憶の復元を可能にしていると思われる、特殊な力を持った珈琲。それが、幽世珈琲。その珈琲を振舞う喫茶店が、幽世喫茶である。マスターである兎渡子を中心に、様々な物語を綴っています。 他の幽世喫茶作品は、 4作目~10作目 http:…

続きを読むread more

幽世喫茶『妖のいるコミケ』

10作目となりました。10作目という記念作品が、こんな作品なのはどうかと思うけど、10作目だということに書いている途中まで気づいていなかったというね(苦笑 第何話という区切りをせず、ナンバーリングもメモっていないので、作品数を数える事でしか把握できない。最近、ただ書いていただけだったので、気にしていなかったのですが、気になって数えてみ…

続きを読むread more

幽世喫茶 散る散るハルサキ

なんだかんだで9作目となります。 幽世喫茶は、もしかしたら今年中に終わらせる事が出来るかもしれません。 今の所、残り4話です。 幽世喫茶 山の中腹に店を構える、閑古鳥に愛された喫茶店、それが幽世喫茶。しかし、幽世喫茶では風変わりな珈琲が振舞われるということで、人間ではなく妖に有名であった。その風変わりな珈琲の名は、『幽世…

続きを読むread more

幽世喫茶『川で行き倒れ人魚』

誤字、文章の調整が終わりましたので公開します。 幽世喫茶 山の中腹に店を構える、閑古鳥に愛された喫茶店、それが幽世喫茶。しかし、幽世喫茶では風変わりな珈琲が振舞われるということで、人間ではなく妖に有名であった。その風変わりな珈琲の名は、『幽世珈琲』。 この物語は、幽世喫茶のマスターである乙衣兎渡子と、幽世珈琲に誘われた…

続きを読むread more

幽世喫茶『マイマイ無双』

先に、気持ち玉をポチッと押してくれた方、感謝です。励みになりまするぅ~。 さて、幽世喫茶第七話となる『マイマイ無双』が完成しましたので公開します。 編集時間は、 本編:421分。 プロット:21分。 合計、442分でした。 制作時間は、およそ1ヶ月。結構、休み休み書いていたので、こんなものかもしれません。 肝心の内…

続きを読むread more

幽世喫茶『ひふみの大冒険』後日談 完成

完成とのことで。 本文96分。プロット2分(笑。 頭に浮かんでいた話を、要所要所書いただけのものなので、仕方がない。 今回の話は、幽世喫茶というお話の原点に戻ろうとしている話ですね。なんだか、ついついバトルモノにしてしまいそうになるもので。最終的には、バトルモノで決着するわけですが、そこに至るまでは出来るだけ、『幽世喫茶』の持…

続きを読むread more

幽世喫茶 『ひふみの大冒険』 完成

1月7日 とりあえず、完成です。あとは、後日談を残すのみ。 そろそろ本にしなければならない量が溜まってきたので、本にしなきゃな。 まだ、どういう本にするかは決めていませんが――とりあえず、キャラをデザインして、表紙と挿絵1~2枚程度かいてくれる人を、探さないと。てことで、幽世喫茶のイラストに協力して頂ける方、探しています。 …

続きを読むread more

幽世喫茶5話 『壺の中の人喰い神』

ようやっと完成しました。 幽世喫茶第五話『壺の中の人喰い神』です。 1~4話は、http://www5f.biglobe.ne.jp/~pfive/tyouhen/shortstrory.html ようやく、キャラを掴めてきたように思えます。 今回、結構苦労しました。短い割には、あぁじゃない、こうじゃない・・・て。 話の筋…

続きを読むread more

幽世喫茶の4話です

スランプ対策で一番効果がいいのは、実はブログに、『スランプ』だと明言する事。 私の場合、なぜか告知するとスイッチが入ります。書かないといけない! と思うからなんでしょうか? 実際、スランプと告知した次の日には、完成しておりました。少し時間を置いて、今日、読み直して変なところを修正。概ね良さそうなので、公開に踏み切ります。 …

続きを読むread more