ゲームやアニメの感想

 城プロ
スクリーンショット 2021-04-11 21.55.54.png
スクリーンショット 2021-04-11 21.56.06.png
 城プロで学園モノ? と、驚愕。何があったのかと思ったら、神様が用意した空間だったということで、さらに笑ってしまいました。そして、野球を真面目にやり始める。今回のシナリオは、遊び心があってかなり面白かったです。後半も楽しみです。
 ガチャのほうは、全然ダメでしたね。☆7は望まず、☆6の岡城狙いだったんですが、出た☆6がほとんどもう一つのピックアップの鞠智城(すでに所持している)という悲しいオチ。1万円パックを買うつもりはなかったけど、石が欲しかったから買ったのですが、それでも鞠智城しか出なかった悲しみ。
 ただ、
スクリーンショット 2021-04-11 21.57.01.png
 この子とか、
スクリーンショット 2021-04-11 21.57.10.png
 この子とか、出ました。トレドは、『武神降臨!北条氏康』で話題になっていました。正直、嬉しい。
スクリーンショット 2021-04-11 21.57.47.png
 一万円の子は、この子。元々の彼女は、気を大量生産出来る優秀な子です。
スクリーンショット 2021-04-11 21.57.33.png
 珠が溜まっていたので、この子も取りました。平の槍は激戦区(気を増やせる平安や全体デバフをばらまけるシャンボールなど)なので、活躍の場所があるのか分かりません。まぁ、可愛ければいいのです。


 今回は、他のブラウザゲームの話もします。
『ミストトレインガールズ』
 駅名の擬人化? になるのかな。あちらこちらで発生する幻霧から発生するミストモンスターと戦う少女たちを、車掌になって導くストーリー。シナリオは、日日日さんが関わっています。で、プロデューサーが花騎士のはせPという組み合わせ。
 シナリオは、最近になって面白いかな、と思い始めてきました。最新話では、異世界が存在することが明言され、なんとレパルスが出てきました。
 これも、巨神と誓女と同じで、自動周回があるので放置ゲーに近い感じ。ただ、巨神と誓女と比べて、明らかにかけられた製作費の桁が違う。
 自分が運がいいだけなのか、ガチャも結構最高ランクのSSキャラが出ます。気に入ったキャラが出た時だけ回していますが、現在10連ガチャを20回引けるぐらい無料石が溜まっています。今、確か86000個かな。10連ガチャは、1回3000個。かなり、無料石を配っている印象があります。そのおかげで、全然課金をしなくて済んでいるのが、運営としていいこととは思えませんが。
 久しぶりにDMMに現れた、期待の新星だと思います。

『ミナシゴノシゴト』
 こちらは、2月9日から配信されています。最初、あまりの取っつきにくさに離れていましたが、少し前に再びプレイし始めました。
 このゲームの面白さは、世界観とシナリオだと思います。過去の偉人を擬人化していますが、そこに独自の設定を組み込んで、世界観とキャラクターを構築しています。シナリオライターの蘊蓄の深さが感じられ、私にはこんな文章、到底書くことが出来ない。かなりの個性派です。
 少し前のイベントでは、『フランスカクメイ』という戦神が出てきました。元になったのは、マリーアントワネット。正直、設定が難しすぎて説明できないので、興味がある人はwikiを読んでください。
 フランスカクメイ
 ただ、このゲーム、育成のシステムが大変分かりづらい。どうやって強くなっていくのかが分からなくて、結構あっさりと何をしていいのかが分からなくなってしまいます。正直、今もよく分かっていません。
 なので、ゲームとして楽しいかと言われると、よく分かりませんね。

 今期のアニメの感想
『ゾンビランドサガ リベンジ』
 冒頭の社歌で驚いて、「あぁ、ゾンビランドサガが戻って来た」と実感しました。どこまでも挑戦的で、どこまでも飛ばしているアニメだと思っています。巽さんが、やたらとボロボロになっていた。何かしら、どうにもならない事情があるっぽい。最終的に吹っ切れたようだけど、根本的な解決はしていないから、これからもそこら辺の事情が鍵となってくるのかな。
 最後の新曲も格好良くて良かったです。

『Vivy -Fluorite Eye’s Song-』
 冒頭から人間が無残に殺されていく。後から分かるのですが、AIが暴走して人間を殺しているシーンでした。そんな未来を変えるために、100年前にやって来たAI(マツモト)。ヴィヴィを導いて、未来を変えるミッションに挑む。みたいな話。
 実にロボットな感じのヴィヴィとクマのぬいぐるみに入り込んだマツモトの駆け引きがなかなかに面白い。ただ、あくまで帰るべき未来は『AIが暴走して人間を殺す』未来であり、不必要な未来改変は認められない。ということで、ヴィヴィのファンだった女の子は、飛行機事故で死亡。ここら辺が、大変にシビア。
 今の所、結構面白いです。

『SSSS.DYNAZENON』
 2話は、1話と比べてとても面白かった。蓬は、練習をサボっているが、夢芽のほうはちゃんと練習に来る。ガウマは、見た目に反してかなり礼儀を知っている人だった。
 今回から、敵? 怪獣を操っていた連中も登場。ガウマと面識もあるっぽい。
 前作と違って、壊れた建物は戻らない。電脳空間ではないということ? それとも、アカネみたいな存在がいない? こう、毎回町を壊されたら、たまったものじゃないな。
 今回の怪獣は、瞬間移動をしてくる。暦の機転と、蓬と夢芽のタッグで倒すことは出来た。合体時の名称は、それで決定なのか。

『ゴジラS.P<シンギュラポイント>』
 2話からの視聴。ゴジラ、平成ゴジラしか見ていないからあまり詳しくはありません。それでも、十分楽しむことが出来ました。最後、想像していたよりも遥かに多いラドンの群れにびっくりですよ。

『スーパーカブ』
 結構面白かった。スーパーカブが、1万円とは。しかし、3人殺している。それでも即決するところが凄い。キャラは可愛いし、アニメも綺麗だし、これはなかなかいい。

『BLUE REFLECTION RAY/澪』
 作画が怪しいというか、これは『そういうもの』だと思えれば気にならなくなりました。ただ、ストーリーが正直微妙。前作を知っていると、面白いというか気になるところがあるのだけど、これは一見さんには厳しいような……。
 前作の夕月と来夢が、冒頭に登場。この子たち、ナビゲーターとして、どの世界観にも出てくるのだろうか。それはそれで、救われないような気もするけど。推測ですが、冒頭の部分で敗北して、やり直しをしているのが本編? かな。負けたら、世界滅亡です。それを、何度も、色々な場所でやっているっぽい?
 今後、どんな展開になるのか。

『戦闘員、派遣します!』
 けものみちが正直微妙だったので期待はしていなかったのですが、結構面白かったです。楽しめました。


『のんのんびより のんすとっぷ』
 兄の卒業式とれんげが2年生になるところで終わりました。原作と同じ終わり方をしたのかな? いつまでも続いて欲しい気がして、悲しい気持ちになりました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント