アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「あまとき」のブログ記事

みんなの「あまとき」ブログ

タイトル 日 時
福岡県地元小説『あまとき』 第十三話 『置いてきたモノ』
  第十二話 『母神とアマトキ』   第一話〜第十二話 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/24 09:31
福岡県地元小説『あまとき』 第十話 『ナグモの涙』
H28年6月8日 文章を調整したため、入れ替えました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/08 21:12
福岡県地元小説『あまとき』 第九話 『妖怪大戦争風味』
H28年6月8日 文章を調整したため、入れ替えました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/08 21:09
福岡県地元小説『あまとき』 第八話 『幻想生活』
H28年6月8日 文章を調整したため、入れ替えました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/08 21:07
福岡県地元小説『あまとき』 第十二話 『母神とアマトキ』
第十一話『眼鏡のあなた』 第一話〜第十一話 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/16 17:29
福岡県地元小説『あまとき』 第十一話 『眼鏡のあなた』
第十話『ナグモの涙』 第一話〜第十話 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/28 20:49
福岡県地元小説『あまとき』 第七話 『慶介消失』
第六話 『天鈿女登場』 1話〜6話 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/19 10:40
福岡県地元小説『あまとき』 第六話 『天鈿女登場』
 ベッドに胡坐(あぐら)を掻いて座っているアマトキ。  それを見下ろす女性が一人いる。  黒い髪に、鮮やかな緑色の瞳。スーツ姿の彼女であるが、彼女がOLに見えるかというと、全く見えない。どちらかと言えば、詐欺まがいの押し売りをしていそうな、そんな胡散臭さが拭いきれていなかった。 「まさか、寝込みを襲いに来るとは」  アマトキは、女性をねめつける。しかし女性は、全く気にした様子がない。 「ドッキリ大成功です。驚きの声が、『にゃ〜』とか、さすがに媚びすぎじゃない?」 「う、うるさいな! ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/07 18:06
福岡県地元小説『あまとき』 第五話『動く土偶』
 黒くて黒くて、真っ黒で。彼女は、そんな姿見だった。それなのに、目の色だけが綺麗なルビーのような赤色で。そんな瞳を細めて、彼女は笑う。 「慶介君」  鈴の鳴るような綺麗な声。  どうして、忘れていたのだろうか。  彼女の事を。  ずっと一緒に……。  一緒に?  誰と?  あぁ……もう何も分からない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/24 19:49
福岡県地元小説『あまとき』 第四話『おやすみなさい』
私の地元を舞台にした小説です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/04 08:52
福岡県地元小説『あまとき』 第三話『ご飯を食べに行くんですよ』
私の地元を舞台にした小説です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/31 09:09
福岡県地元小説『あまとき』 第二話『服を買うんですよ』
私の地元を舞台にした小説です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/28 07:59
福岡県地元小説『あまとき』 序章+第一話『アマトキ降臨』
私の地元を舞台にした小説です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/26 15:19

トップへ | みんなの「あまとき」ブログ

堕天王の逝く道 あまときのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる