堕天王の逝く道

アクセスカウンタ

zoom RSS 日常と創作メモと進行具合

<<   作成日時 : 2017/01/28 22:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今週も拍手ありがとうございました。


 今日は、本当にいい天気でした。
 まぁ、特に出かける用事もない私は、ずっとアニメを見て過ごしていましたけどね。


 新作の構想、『この世界観で描きたい』というものが少しずつですが出来始めました。その世界観で、何を描くのかは、ふらふらと迷い歩いていて、定まっていません。
 新作の世界観は……どう表現すればいいのかな、一言で言えば多次元世界です。『時空間洞』という技術で、いくつかの世界が繋がっている。いくつ繋がっているかは、まだ決まっていません。ようは、ゲートを通って、色々な世界を行き来できる。
 現在、決まっている設定だと、以下のような感じです。
 第一世界
 『時空間洞』を生み出した高度文明人。争いを400年していない、子供は遺伝子から直接作るのでSEXをほとんどしない、感情の起伏がない、全員ロボットみたいな人たち。種としての限界。このままでは滅びてしまうという自分たちのプログラムが弾き出した結果に、抗う手段として『時空間洞』を作り上げる。
 他に設定として、『観測できないが存在するはずである高次元の存在を観測できる存在を作り上げ、それを通して高次元の存在を観測する方法を模索している』なんていうのもあるけど、これはボツかな。
 第二世界
 剣と魔法の世界。文明レベルは、下手したら平安時代ぐらい? 第一世界の人たちが、自分たちの技術を教え込もうとしたが、『神の御業である』と崇めてしまい、話にならない。一歩町から出ると、夜盗やらモンスターやらが襲い掛かってくる。
 設定としては、第一世界の人たちは『時空間洞』の出入り口……ゲートでいいか、それが設置してある街を拠点に宗教団体を作り上げ、町の人たちの暮らしを観測するのみに徹している。
 第三世界
 地球。『時空間洞』の技術を得て、第一世界に協力する。第一世界と最も交流があるけど、第一世界の人たちが何を考えているのか分からないため、親しいというよりかは『畏怖』の念が強い。
 第四世界
 技術レベルは、第一次世界大戦と第二次世界大戦の間ぐらい。発見時、世界大戦真っ只中。巻き込まれたくないため、戦争終結まで『時空間洞』が封印される。戦争終結後、戦後復興を地球の一部の国たちが行った。第三世界と近い種。
 第五世界
 地球の人たちが見つけた待望の新世界……だったが、そこは化け物たちが跳梁跋扈し、人間たちを奴隷としている、まさに地獄のような世界だった。恐れをなした地球の人たちは、接触を控えたが、何故だか第一世界の人たちは積極介入を始める(この辺りの理由は、まだ設定がない)。
 第六世界以降は、まだ設定なし。
 時代設定は、第三世界に時空間洞が伝えられて百年以上が経過しているので、もう少しあっても良さそう。でもね、もうネタがないよ。
 この設定を使って、第一世界の人(女性)と第三世界の人(男性)の恋愛モノ、学園モノは面白そうだなぁーと思ったりしています。
 プログラムによって選ばれた第三世界の人の家に、第一世界の人がやって来て、ドタバタコメディなんて、ありがちだけど面白そう。とか、思っているけど、こういうのを書いたことがないので、良く分からない。



 空白ノ翼の方は、第五話の誤字脱字を探しています。
 九章の方は、ほとんど進んでいませんが、冒頭部分は決まりました。話が長く、出てくる人たちが多いので、最初にそれぞれの勢力に所信表明してもらうことにしました。
 九章が終わる頃には、一杯いる勢力も、ぐっとシンプルになります。
 登場人物が多いので、設定を作るのも大変。
 九章が終わると、空白ノ翼の世界観が大きく変わります。こんなに大きく変わるのは、後は最終章……物語が終わった後ぐらいですね。


空白ノ翼
 第八章『過去と罪』
 第一話『高倉姫子』 公開中。
 第二話『晃VS菖蒲』 公開中。
 第三話『思い出を』 公開しました。
 第四話『隊長を求めて』
 公開しました。
 第五話『母親失格』→『家出娘の里帰り』に変更。
 修正作業中。


地元小説『あまとき』
 第十三話 『置いてきたもの』
 お休み中。

幽世喫茶 13作目 『お師匠様が来た』
 お休み中。


参加予定イベント
2月5日 COMIC CITY福岡42 参加情報を上げました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日常と創作メモと進行具合 堕天王の逝く道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる