堕天王の逝く道

アクセスカウンタ

zoom RSS 日常と創作メモと進行具合

<<   作成日時 : 2016/11/05 09:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今週も拍手、ありがとうございます。

 アニメの感想の方は、月曜日に。今日が夜勤で、明日アニメを消化するつもりなので。


 空白ノ翼第八章第三話『思い出を』
 公開しました。
 何が原因で公開を躊躇っていたのか。分かったので、修正しました。久しぶりに能力バトルで、しかも扱いが難しい重力なんてものを使ったから、そこら辺が気になっていたみたい。
 壱与と双葉。この二人が、なんで張ったのか覚えていない伏線。後々、五湖(ごこ)という他人の能力をコピーする奴が出てくるのですが、この子の伏線にしたかったのか……。大体、この子自体、出すかどうか現状分からないのだけど。
 名前を見て気付くかもしれませんが、壱、双、五……数字の並びです。後、三葉と四はなんだっけ……忘れた、全部で五人います。これ、壱与以外は適当に名前を付けているので、こういう事になっています。名前を付けたイザナギ=アーサイトにとって、彼女らなんて目的を遂行するための道具でしかありませんから。壱与だけは、他人の所有物を奪って支配下に置いているだけですから。この子だけ違う。

 今回のお話で、様々な勢力が顔を出しましたが、これ以降関わって来るのは、天鳳だけかな。だから、張らなくて良かったんだけどね、この伏線(苦笑 昔の私に馬鹿野郎と言いたい。
 グリムアンシェラーなんて、そもそももう出てこないかもしれない。
 なので、彼女の事についてネタバレ。

 グリムアンシェラーと名乗っていますが、これは『巫女』とかそういう類の役職名みたいなものです。
 前文明の人たちは、大本の宗教を分割して、その派閥争いを永遠と繰り返しています。元々の神の名前は、グリムガリル。全てを破壊し、全てを再生し、そして全てを破壊し、全てを再生する。後々、グリム派とガリル派に分かれます。さらに、宗教を否定する人たちが現れます。三つ巴になるのですが、新たな勢力が出て来ます。それが、グリムガリル派。元々一つの神なのだから、分けるのはおかしい。その代表が、グリムアンシェラー。
 彼女に名前がないのは、彼女が最下層民だから。
 前文明の人たちは、基本的に階級制です。強いものはより豊かに、弱いものは死ね。という徹底した精神があって、弱いものから生まれたものは最初から人扱いしてもらえない。
 そのため、グリムアンシェラーには管理番号しか存在しない。親も誰か分からない。彼女の恨みは、社会を通り越して、前文明の人たち全てに向けられた。
 こんな生物なんて、必要ない。
 グリムアンシェラーは、徹頭徹尾、それを貫き通した。そして、前文明人を滅ぼしたのです。
 ただ、その後大きな誤算があって、だから今も彼女は沢村俊之に寄生しているのです。
 空白ノ翼で描いている時代の数年後、グリムアンシェラーは、救われないまま消滅することになります。ただ、悪行が多すぎて、それはもう当然の報いだと思う。



空白ノ翼
 第八章『過去と罪』
 第一話『高倉姫子』 公開中。
 第二話『晃VS菖蒲』 公開中。
 第三話『思い出を』 公開しました。
 第四話『隊長を求めて』
 調整中。こっちは、第三話のような難しい事がないので、大丈夫かと。
 第五話『母親失格』
 止まっています。


地元小説『あまとき』
 第十三話 『置いてきたもの』
 お休み中。

幽世喫茶 13作目 『お師匠様が来た』
 お休み中。


参加予定イベント
2月5日 COMIC CITY福岡42

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日常と創作メモと進行具合 堕天王の逝く道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる