堕天王の逝く道

アクセスカウンタ

zoom RSS 定期活動報告

<<   作成日時 : 2016/04/10 09:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 いつも拍手、ありがとうございます。

 4月3日、Tenjin.365に参加された皆様、お疲れ様でした。お話し相手になってくれた方々、本当に感謝です。
 次回は、6月のCOMIC CITY福岡です。

 桜は、一気に散って葉桜へと変わりました。
 職場の行事の時、桜の写真を撮る機会があったので撮ってきました。
画像

 場所は……分かる人が見たら一発で分かる建物が映っていると思いますが、駕与丁公園の近くです。
 散り始めたばかりの写真です。ここは、とても桜が綺麗でした。ただ、昔はもっと桜の木が多かったとの事。高校時代、電車で真横を通っていたけど、記憶に残っていません。

 ここ最近、両目がやけに痒い――アレルギー症状が出ているっぽいのですが、今までのアレルギー症状と何か違います。花粉の種類も切り替わったのかな。
 ちょっと調べてみたら、スギからヒノキ花粉に変わっているみたい。そっか、やっぱり花粉の種類が違うと症状も違うのか。
 あと一ヶ月ぐらいは続くのかな。初夏から梅雨、真夏までは花粉の影響がありませんが、秋からはまたブタクサの花粉の影響が……という感じで、極端に寒いか暑いかでないと、花粉の影響から逃れられないという(苦笑

 今週の半ばぐらいから、一文字でもいいので小説を書いて行こうと頑張っています。最近、自分でもサボり過ぎかなぁーと思う事もありまして。どこまで続けられるかは分かりませんが、ぼちぼちやって行きます。


 ショーマ合作創作小説『学蘭少女(仮)』
 第一話に必要な設定の構築完了。執筆を開始しましたが、冒頭失敗したっぽいので書き直し決定。ということで、執筆を開始したけど、進捗はゼロです。

空白ノ翼
 第八章『過去と罪』
 第一話『高倉姫子』 執筆終了→文章調整に移行。
 冒頭部分の修正に入っています。今の所は、誤字とか細かい修正だけで、ストーリー自体は大丈夫そう。このまま問題がなければ、早めに公開出来るかも、です。
 第二話『晃VS菖蒲』 執筆開始。
 冒頭部分の執筆に失敗して、書きなおして現在進捗具合は8%前後、といった所でしょうか。

 合作と空白ノ翼第二話、それぞれの冒頭を書きなおしたのは、私自身が考え方を変えたからです。ちょっと表現を省き過ぎました。なので、一回消して、書き直しをすることに。

幽世喫茶 13作目 『お師匠様が来た』
 お休み中。

地元小説『あまとき』
 十三話執筆開始。お休み中。


定期活動報告でした。



参加予定イベント
6月5日 COMIC CITY福岡40 申し込み(未)

 第八章『過去と罪』 プロット分類:晃日常編
 覚醒予兆後の晃の生活を中心に描きます。テーマは、『償い』です。晃は、ほぼ操られていたとはいえ、彼自身が起こした罪が消えてしまったわけではない。晃に姉を殺された九藤菖蒲と、どう向き合うのか。積極的にサポートする水及だったが、そんな彼女にも『償い』の時が来る。突然目の前に現れた『娘』に襲われる水及。散々偉そうな事を言って来た彼女も、すっかりと弱気になって、あっさりと自分の命を捨てようする。
 晃の始まったばかりの日常は、波乱続き。晃は、色々な人と話し、考え、一生懸命に生きていく。そんなお話。

 第九章『タイトル未定』 プロット分類:由紀子夏樹編
 新学期が始まる。由紀子を待っていたのは、いわれのない誹謗中傷。傷心の由紀子に寄り添ったのは、夏樹でもなく神華でもない、井上藍という同級生だった。しかし、その井上藍には、不穏な組織の影が見え隠れしていた。
 一方聡の方は、雨見麗と岡島倉斗の結婚式に参加したり、突然中学生の姿見に戻ってしまった琴菜に困らされていたりしていた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
定期活動報告 堕天王の逝く道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる