堕天王の逝く道

アクセスカウンタ

zoom RSS アニメの感想やその他趣味の事

<<   作成日時 : 2016/02/07 22:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 定期活動報告に組み込んでいた趣味に関する事を分離しました。

 記事の順番としては、その他の事→艦これ→アニメの感想にします。ネタバレ要素が多い程、下に行くようにしました。

 ペルソナ3の劇場版を見に行って来ました。感想は、一番最後に。その時、劇場版『selector(セレクター) destructed WIXOSS』を知りました。2月13日が丁度休みなので、見に行こうかな。チラシを見ると、テレビ版再編成だけど、最終的には別のストーリーになって行く――ということだけど、どう変わるのだろう? PVを見たら、またアキラッキー節が(笑 録画したアニメは、見たら消すのだけど、このアニメの最終話だけは残しているので、見に行く前に最終話をもう一度チェックしとこうかな。

 今月、メガテンと艦これ改が出ます。メガテンはともかくとして、艦これ改、どうなんでしょうね。先行実装の艦娘がいるとのことだけど、ちゃんと拝む所までプレイできるかな。


 花騎士は、もうすぐ人気投票が終わります。応援しているディプラデニアが、順調に票を伸ばし、総合20位、レア度別4位となりました。やっぱりアイビーが強すぎる。まさか、カトレアまで抜いちゃうなんて。
 ディプラデニアのキャラクエを見ましたが、想像以上にヘビーな内容でした。最初の団長、マジでクソだな。そして、真実の愛を求めるディプラデニアに『あれは嘘です』とあっさりと言い放ったナズナは、恐ろしい子……。
 経験値の調整で、オオオニバスのキャラクエも見ましたが、噂通りキャラクエを見たら、オオオニバスの事情が分かって、ヤンデレ(装い)だったことも分かりました。カエルのヌイグルミをスカートに乗せてクルクルと回る姿とか、想像したら可愛過ぎなんですけど。
 最近、イベントの内容が明るいので忘れがちですが、結構重い話が多いんですよね。害虫に浸食されている世界ですから、それも仕方ないか。国一つ滅んで害虫の巣になっているぐらいだし。
 復刻イベントは、オシロイバナになりました。画像は……服がエロイので控えます(笑 バナナオーシャン勢の脱ぎっぷりは凄い。王女様からして、布の面積が明らかに少ないし。
 オッドアイのオドオドとした子で、爆弾を作るのが趣味? かな。
「また告白されました……気の毒な人ですね。だって私に告白するなんて罰ゲームに決まってます……!」
 という台詞が印象的。SDが、常に目を左右に動かしていてとても可愛い。

 今期のアニメ、少しずつ消化中。『僕だけがいない街』が、とても面白かった。

『僕だけがいない街』
 過去に戻って、未来を変えよう――というのが基軸にあるけど、伏線の張り方が凄くて、とても面白い。ただ、子供へのDVのシーンは生々しくてちと辛かった。また、過去に戻ったりするのだろうか。なんだか、どんどん悪い方に向かっている感じだ。

『少女たちは荒野を目指す』
 またこのネタかよ! と思った(笑 『冴えない彼女の育てかた』が脳裏を過ったわけです。とりあえず一話面白かったので、様子観です。

『昭和元禄落語心中』
 落語のアニメ。なかなか興味深い。

『アクティヴレイド -機動強襲室第八係-』
 第一話を見て、ちょっと引っかかる所が多かったけど、もう少し様子観。主人公になるのかな、あの女の子がちょっと肌に合わない。

『だがしかし』
 駄菓子に関連する作品で驚いた。けど、こうもパロネタを連発させると食傷気味になる。『ハヤテのごとく!』で十分この手のネタは見たから、なおさら。

『無彩限のファントム・ワールド』
 四話の模造家族が、なんというか凄い内容で、相当面白かった。きっと悪いファントムだろうと思ったら、意外といいファントムで驚いた。あっさりと取り込まれすぎだよ(笑 五話は、小糸の話。動物、食べちゃうのか。五話で何が一番驚いたかというと、熊が強いこと。

『GATE』
 炎竜退治とその舞台裏の話。炎竜に燃やされても、意外と大丈夫なんだな。現代兵器は丈夫だな。柳田が刺されてしまった。裏工作は、あっさりとバレてしまったな。所詮は、浅知恵か。さて、対炎竜戦、どうなるか。




『ペルソナ3 劇場版』
 ついに最終章。物語は、望月VSアイギスの後から。前半の暗さが、半端ない。伊織の『絶対死ぬという意味、考えたことあるのかよ!?』は、重たい言葉です。そんな中、エリザベスさんがやってきた。この人、なんでこうも可愛いんだろう。エリザベスとの触れ合いの中で、死に際の母親の台詞を思い出して、望月を殺さない決意をする。アイギスさんが怒った。やっぱりペルソナ3のヒロインは、アイギスなのね。ゆかりの出番が少ない。望月と対峙した辺りで、ちょっと泣きそうになった。決意を告げると、一気に飛んで最終決戦。ペルソナ覚醒も一気にやってしまう。そして、なんと主人公単身でラスボス戦。一人で倒すのかよ。凄すぎる。ちゃんと『アルカナは示した』もやりました。ラスボス戦のBGMも一緒。この曲、格好いいなぁ。最後は、タナトスを呼び出して決着。望月『これは僕の迷い?』とのこと。望月を倒した所で全員合流するが、ここでニュクスの落下。ゲームでやった時も思ったけど、あんなのどうしろというのだよ。主人公、命の答えに辿り着き、タナトス×オルフェウスの合体から、メサイア召喚。遂に出たメサイア。単身でニュクスの下へ。ちゃんと荒垣先輩の声もあった。そして、封印へ。一気に飛んで3月。もう、主人公の体力が……。屋上でアイギスと合流。仲間の姿を眼に映しつつ、エンディングへ。ゲーム版は、ここで選択肢が出るのだけど、劇場版は最後まで目は閉じなかった。このシーン、何度も見てきたので、さすがに少し慣れたようで泣かなかった。でも、終わってしまった事の寂しさが募りました。スタッフロールの後は、旅立つエリザベスの姿。ここから、エレボスをポイポイする仕事に従事する事になるのですね。
 ペルソナ3、4部作に渡って作られた劇場版もこれで終わりました。丁寧に作られていてとても良かったし、懐かしかった。ラスボス戦、必死に戦った思い出が蘇りました。

 ペルソナシリーズは、すでに4がアニメ化しているので、次にアニメにするコンテンツがないのがちょっと残念。Fesはやらないだろうし、格ゲーの方をアニメ化するとも思えないし。ここで、ペルソナ1とか2がアニメ化するわけもないし。ペルソナQも無理かな。
 次のペルソナ5を楽しみにするばかりですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アニメの感想やその他趣味の事 堕天王の逝く道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる