堕天王の逝く道

アクセスカウンタ

zoom RSS 関西コミティア42 感想

<<   作成日時 : 2013/05/20 21:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

関西コミティア42
日時:2013年5月19日(日)11:00 〜 15:30
開催場所:OMMビル(大阪マーチャンダイズ・マート) 2階A・B・Cホール
規模:700スペース 

実質サークル数:934(公式の数値)   934/700(サークル数/募集数) 


上記イベントの感想です。

年に2回の関西コミティアです。900越えとなった今回。前回の文学フリマ並みの『狭さ』なのか、と心配はしていたものの、実際は出張編集部の位置が少し変わったりしており、それほど狭い、と感じる事はありませんでした。まだゆとりがあるので、1000までは入る?
他は、特別な事もなく。いつも通りの関西コミティアでした。


では、いつも通りのテンプレに嵌めていきますね。


<人の流れについて>
半ばから雨が降る悪天候。しかし、駅から一度も地上に出ることなく会場入りすることが出来る事もあってか、人の多さは以前となんら変わらない、そんな印象でした。パンフも完売したそうです。

<自分のサークルについて>
件(くだん)の見本誌対策。プリンターが不調な事もあって、出来る事を試してみたのですが・・・やったことは、帯をつけることと、ペーパーを挟み込む事程度。結果は、『効果なし』。見本誌から一般参加者がやってきた例は、皆無でした。見本誌の机も、本が乱雑に散らかっており、少々の工夫では埋もれて分かりませんね。
2時間ほどは、いつも通り座って、呼びかける。という事だけをしておりましたが、見本誌もそんな感じで、全く一般参加者が立ち止まりません。2時間経過した時点での、売り上げは2冊。パンを食べて13時前、立ち上がって、後は声掛けと、立ち止まってくれそうな方に、ペーパーを配布し始めました。前回の文学フリマの時と同じですね。結局その方が効果があったようで。後半は少し掃けて、8冊。合同誌は立ち読みしてくれる方はいたけど、購入にまで至らなかったので、0冊。個人誌は、10冊という結果となりました。
実際、見本誌を見てスペースに立ち寄ってくれる方は、どれぐらい居るのでしょうか? 今回の事で、私は見本誌は見本誌で、自分のスペースは自分のスペースで、それぞれに対応した方が結果が出やすいのかな? と思いました。

<他サークルについて>
TAKAさんとつーさんが居て。つーさんとはお久しぶりだったので、色々とお話をしました。他については、いつもの関西コミティアという印象です。様々なジャンルの方がいらっしゃっておりました。ただ、文学フリマのような専門的なものは、さすがに少し少なめです。一般参加者も若い世代が圧倒的に多く、男性と女性の比率は、半々か、ちょっぴり男性多めという印象でしょうか。

<環境について>
外が雨だったので、蒸し暑いやら急に寒くなるやら(笑 空調のコントロールが難しい季節ですね。

<交流について>
両隣のサークルさん、龍の岬さん、世界のスランプ産業さん、どちらも初めてでしたが、今回も色々とお話しする事が出来ました。ありがとうございます。特に世界のスランプ産業さんには、ついついアニメの話とかで話に食い込んでしまい、ご迷惑をおかけしました。また、どこかでお会いできたらいいな。
他にも、記憶にある方が何名か居て。ご挨拶をしたりしました。

<まとめ>
サークル数が留まることなく増え続ける関西コミティア。増えれば増えるほど、アピールしていかなければ埋もれて行ってしまう現状。ただ、一つ思った事なのですが、関西コミティアのサークル一覧表から、割と飛んできているんですよね。しかし、その方が直接購買に来られた、という事はありませんでした。ウチが小説だという事もあるのかもしれませんが、イラスト関係は気にした方が良い事なのかもしれません。
本を買ってくれた一般参加者が、『小説は何を基準にして選んだらいいのか分からない』と言われていたのが、凄く印象的でした。ならば、その言葉に応じて、『基準』を設けて分かり易くする、というのも一つの手なのでしょう。今までは、立ち止まってくれるような『一瞬の対応』に拘っていましたが、立ち止まって本を選ぶ際の対応は全くしていませんでした。ブース内の本の配置、タグによるジャンル分け、紹介文を使った案内板の設置などなど、足を止めてくれた一般参加者が『分かり易く』、自分が『買いたい作品を見つける』、そんな工夫が必要なのかな、と思いました。
目立つように風見鶏を置いてみたけど、実際近くに寄ったら扉がたくさんあってどれに入ったらいいのか分からない。そんな現状なのでしょうね。
今回は、そんな事を思いました。

<次回参加イベント>
日にちが連続しているのでまとめて。

6月 8日(土) 第二回福岡ポエイチ
開催時間:12:00-17:00
場所: リノベーションミュージアム冷泉荘 B棟1F 2コ1多目的スペース
内容: 文学系同人誌の展示即売会および交流会
料金: 入場無料
規模:26sp(目視で数えたので足りなかったり、多かったりするかも)

二日目は参加せず、以下のイベントに出ます。

6月 9日(日) COMIC CITY福岡32
時間:11:00〜15:00
場所:福岡ヤフオク!ドーム
内容:オールジャンル
料金:一般来場者購入制 900 円
規模:3000sp(募集数です。実際の参加サークル数は、まだ発表されていません)

プリンターのインクを補充する事にしましたので、新刊、作ろうと思います。
ただ、元々延び延びになっている『幽世喫茶』の新作は無理です。今までコピー誌に出していなかった長編、空白ノ翼第四章『人形になった少女』をコピー誌にしようと思っています。



<おまけ>
以下は、私の個人的な大阪遠征のお話です。
本を増版しようとして、ページ数が足りず、増版できなかった冊子をまずはキンコーズでコピーしました。そのため、少し早く博多へ。それから、毎度のように新幹線で現地入り。新幹線の中で、製本作業(笑 隣の人は、『何をしているんだ、この人?』って思った事でしょうね。12時頃に大阪に着。しかし、先月も来たし、大阪に来ても特段やりたいことがない(笑 大阪駅の時空の広場の椅子に座って、ぼんやりと天井を眺めておりました。今回、少しホテルの値段が高い所だったのですが、場所が若干悪かったですね。関西コミティアが開催される天満橋に行くためには、東梅田から谷町線に乗らなければならないのですが、東梅田側ではなく、ヨドバシカメラ側を取ってしまっていました。
夕方、大阪の友達と合流して。アニメの話をダラダラと。
翌日、天満橋へ移動。幸い、行く時には雨が降っていませんでした。余裕を見て動いたら、これまた早く着き過ぎて、地下に潜ってぼんやりとしていました(笑 大阪に行って、どれだけぼんやりしていた事やら。
イベント終了後、TAKAさんとつーさん、友達と合流して、OMMの地下で過ごしました。店がぼちぼち閉まっていたので、店の選択肢があまりないというね。かといって、梅田に行ったら人が溢れ返っているし。
今回はトラブルらしいトラブルはありませんでした。ぼんやりとしている事が多かったぐらい(笑 次は、半年後なので少しゆとりがあります。あんまり行き過ぎても、人の多さにあてられちゃいますね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
関西コミティア42 感想 堕天王の逝く道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる