堕天王の逝く道

アクセスカウンタ

zoom RSS 定期活動報告

<<   作成日時 : 2013/05/11 09:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

関西コミティアの記事、作りました。

関西コミティア42 参加情報
新刊はありません。
まだ、何も作品で来ていないし。増版する本の見直しぐらいしか、出来そうにないですね。

もう来週となった関西コミティア。先月大阪に行ったので、大阪に行くのも『やれやれ』と思ってしまう(苦笑 今日は天気があまり良くないけど、来週は天気が良いといいのだけど。
ここ最近は、夜勤が連続したことで、体調が芳しくない――というよりかは、一日中眠たい状態が続いていましたが、夜勤の回数が少し減って、今は若干ですが改善傾向です。さすがに辛かった。天気も暑かったり、寒かったりでしたし。

久しぶりにTW――テイルズウィーバーに復帰しました。友達から、『150レベルまで上がるイベントがあっている』と聞いて、GW中に戻りました。期間中、120レベルのイスピンが、135レベルになったぐらいでしたけど。しかし、久しぶりに戻ると、本当に浦島太郎(笑 何が何だか分からない、というね。今でも正直分かっていません。
レベリングする気が全くありませんので、交流メインで動いています。といっても、まだ友達一人ぐらいしかいないのだけど。お話しできる人を、増やさないとな。
ミストラル鯖に居ます。ダラダラとお話しできる人を募集中です。



では、定期活動報告です。

空白ノ翼について 
第七章第六話『たった一人の家族だから』 (7/8) 8行程中7行程の終わりました。
後半部分のプロットを再構築しました。現在、順調に進んでいます。

幽世喫茶 11作目『姉さんの遺言』 (2/4) 4行程中2行程執筆中
こちらは、デリケートなシーンに突入したので、勢いが落ちています。


参加決定イベント
5月19日(日) 関西コミティア42 申し込みしました。
6月 8日(土) 第二回福岡ポエイチ 申し込みました。
6月 9日(日) COMIC CITY福岡32 申し込みました。
8月25日(日) COMIC CITY福岡33



小説
空白ノ翼 第七章『覚醒予兆』

<あらすじ>
小泉由紀子の中に眠る、『赤鬼(せっき)』と呼ばれる力。その力が、由紀子の生命の危機に呼応して、発現暴走してしまう。『赤鬼』を封印するため、由紀子の親友である橘椿が奮闘する。

第一話 『沙夜の友達』 公開中です。
http://47762756.at.webry.info/201112/article_4.html
第二話 『覚醒予兆 前編』 公開中です。
その1 http://47762756.at.webry.info/201112/article_13.html
その2 http://47762756.at.webry.info/201112/article_14.html
第三話 『覚醒予兆 後編』 公開中です。
その1 http://47762756.at.webry.info/201202/article_5.html
その2 http://47762756.at.webry.info/201202/article_6.html
第四話 『由紀子は雪子だけど、由紀子が茜だった?』
第五話 『トラウマスイッチ』
その1 http://47762756.at.webry.info/201212/article_10.html
その2 http://47762756.at.webry.info/201212/article_11.html

第四話以降のあらすじ
十年前、鬼神皇と呼ばれる組織に拉致された藤堂晃。彼は、薬物調整と人体改造を受け、幹部の一人として戦っていた。橘家に保護された晃。薬物が抜けていくと同時に、彼は少しずつ本来の自分を取り戻していく。
生き別れの妹との関係修復。これから、どうやって生きていくのか。空白の10年間を埋め、社会へと復帰していく第一歩を描く。

幽世喫茶
十一作目完成。次は十二作目。

二次創作小説
UN−GO
俺の屍を越えてゆけ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
定期活動報告 堕天王の逝く道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる