堕天王の逝く道

アクセスカウンタ

zoom RSS アニメの感想

<<   作成日時 : 2013/04/16 13:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

☆面白い
革命機ヴァルヴレイヴ NEW
実にサンライズらしい、硬派で王道なロボットモノでした。突然、戦争に発展して。学校の地下? にあった、ヴァルヴレイヴを地上に搬出。ヒロインっぽい子、ショーコが消し炭になった? でブチキレたハルトが、ヴァルヴレイヴに搭乗。『にんげんやめますか?』で、『はい』を選択して、敵を一掃する。ヴァルヴ、カッコイイな。そして、あのショーコという子は本当に消し炭になったの? 唐突過ぎるけど、なんかフラグは立ててたね。見ていて、『あ、多分、この子酷い目に遭うわ』と思っていたけど、その通りになってしまった。まさに王道だね。
戦闘を終えて戻ってきたら、エルエルフが居て。思いっきり刺されて、しかも銃でトドメを刺す。しかし、頭を吹っ飛ばさなかった辺りが、甘かった。にんげんやめますか? で『はい』を選んでから、動かなかったはずの左腕が動き出したりしたことから、すでに人の枠をはみ出た存在になっているんだろうな――と思っていた通り、このぐらいでは死にませんでした。吸血鬼よろしく、首筋に噛みついたが、何かに感染した?
あのツイッターっぽい描写は、『サマーウォーズ』を思い出したね。初回、面白かったです。

とある科学の超電磁砲S NEW
遂にキタよ、本命が。初手から変態に追われている佐天さん。なにこのチンピラども。中学生を追いかけてんじゃねぇよ、ロリコンなのか? 安定の黒子と美琴だな。春上さんとか、懐かしい。そうか、1期からの純粋な続きか。これは嬉しいな。絆里ちゃんも出た。春上さんと絆里ちゃんの話を見たかったので、これは嬉しい。一方、知らないキャラも。レベル5の一角、メンタルアウトの食峰操祈。コイツの能力、危険すぎる。噂だけには聞いていたけどね、このキャラ。色々とヤバイらしい――と。
哀れな過激派グループは、レールガンの餌食となりました。プレゼントは、制服だったのか。一期と変わらず、安定している二期。一期のキャラも普通に出ていて、やっぱりいいね超電磁砲。

翠星のガルガンティア NEW
初回、結構面白かったです。謎の宇宙怪獣のようなものと戦っている。で、なんか予定よりも敵がしぶとかったようで、逆に追い込まれてしまい、撤退する羽目に。しかし、撤退直前に敵に取り付かれてしまい、転移に巻き込まれて次元の彼方。辿り着いた場所は、未知の場所。後々に、伝説上の人類発祥の地、地球であることが判明する。そんな感じですね。ちょこちょこと分からない所もあるけど、今の所は無難に面白いと思う。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない NEW
待っていました、第二期。印象は、第一期とそれほど差異はなく、安定している。やっぱり好きだな、このアニメ。前期BDをコンプした信者補正もあるんだろうけど(笑 初手から、桐乃うぜぇー(笑 そういえば、前回帰って来ていたのだったな。いつも通りの妹。学校で、あやせと加奈子と再会。加奈子(笑 相変わらずのマイエンジェル(笑)あやせさんですね。麻奈実への相談とは、妹とのことと言えないというのは、黒猫の事か。キスをされて悶絶したのに、なにこのクールさ、というので悩んでいたのね。やばい、今回兄貴も可愛い(笑 空気を読むがいい、赤城妹。相変わらず、ホモゲーを作りたくてしょうがないのだな(笑 桐乃に電話した兄貴は、「お前、俺の事どれぐらい好き?」とか(笑 事後処理に追われる桐乃。本当、根は真面目な子だな。再び人生相談。何かと思えば、秋葉原か。この台詞も懐かしい(笑 どんだけ買うんだよ。部屋の中、摩天楼になっているぞ、凄すぎだろう(笑 あぁ、桐乃だ。これは、桐乃だ。ウザ可愛いわ。
自分でも分かる。気持ち悪いぐらい、このアニメ好きだわ(苦笑

這いよれ!ニャル子さん W 2話
そういえば、セラエノ図書館の話は、こういうのだったね。電話の内容は、つまり『本を返せよ、ゴラァ』だった。そんなセラエノ図書館に賊が。ニャル子とクー子も、初戦は敗退。敵を逃がしてしまう。彼らはその後ミャンマーへ。ルーヒーも久しぶり。國府田さんの声は、色っぽいなぁ。ようやく、ハス太の本気モードに触れたか。来週は、本気モードが出るな。

波打際のむろみさん 2話
色々と酷いな(笑 貝が携帯になっているって、どういうことよ。返信が、『了解』だけって(笑 リヴァイアサン登場。色々な神話を混ぜ込んで、大変な事になっているんだが(笑 そっか、むろみさんは人魚だから、『不老不死』なんだ。今度は、小倉かよ。『っちゃ』とか言うの、小倉って? 北は良く分からん。ちなみに、むろみさんのいる海岸はどこ? 玄海?

よんでますよ、アザゼルさん。Z 2話
アクタベさんの正体が、もっさんには分かったらしい。一体、何者なんだろうね。あまりの恐怖に真っ白。アザゼルも、安定してクズだった(笑 来週は、痔の話って・・・アレか。アニメ化、出来るんだな、あの話。

はたらく魔王さま! 2話
勇者エミリア、100円のナイフで凄んでみる。彼女も、結局魔法が使えないから、聖剣使えないのか。痴話喧嘩と間違えられて。扉を閉めて無視していると、扉の向こうで泣き出した(笑 メンタル弱い(笑 エミリアは、docomoっぽい所のサポセン勤務か。魔王に比べると、まだマシな生活をしているのね。エミリアから、この世界で暮らす気はないか? という提案。魔王は、断固拒否。そうしていると、魔力弾で狙撃された。敵は、魔力を使える? 敵の正体は分からないものの、地震も関係あり? 財布を落としてしまったエミリアは、魔王の所で一泊することに。なんか、この勇者可愛いな。

銀河機攻隊マジェスティックプリンス 2話
作戦を成功させて、扱いが英雄に。記者会見を経て、助けた人たちとの接触。このシーンはいいな。本来なら彼らは、あそこで死んでいた人たちなのだから。ロボットにスポンサーのロゴが付いて、なんとも格好悪い(笑 衛星の修復の任を受けるも、機体の整備が間に合っていない。そんな所に、敵の襲撃。なんか、凄まじい機動力。あ、前回見た時よりもひ弱に見えていたが、皮がないのか。なんとか青だけ間に合うも、避けてしまう(笑 大した活躍も出来ず、衛星だけ撃ち落されて、敵は撤退。何も出来なかった、と落ち込む。
二話も安定している。大人たちもなんだか可愛いのが、このアニメ好きだ。

ちはやふる2 14話
視ている方も力が入っちゃうな。そして、また肉まん君から負けるのかよ。メンタル弱すぎだな。千早も接戦の末に敗北。本調子になるまでに取られ過ぎなんだよな。最後は、机くんの運命戦。まさかの敵陣を抜くとか。すげぇ! 次はいよいよ決勝戦か。

☆普通
ハヤテのごとく!Cuties 2話
いきなり舞台がお屋敷に戻って、『???』。それも結構古い話だった。どうやら、時系列は無視するようだが、正直これは原作を知らないと、いくらなんでもハードルが高すぎる。内容は、3期と比べると断然面白く、原作を大切にしている雰囲気があってとってもいいのに、それだけに残念な感じ。私は、原作を知っているので大丈夫だし、楽しめているけど・・・こういうやり方は、あまり好きじゃないな。ハルヒを思い出す。
今回は早起きの話、ゾンビの話、いきなり舞台が変わって、マリアの名言の話へ。一応、ナギで統一したお話でした。次回は、アーたんだな。

アラタカンガタリ 〜革神語〜 2話
折角力を使ったのに、革に塞がれてしまう。鞘に選ばれた――と。コトハは、別世界の人間『という設定』だと思っているのだな(笑 面倒くさい。現代に飛ばされたアラタも顔見せ。ミチヒノタマで繋がるのか。さすがにもう一人の自分という事もあって、心を開くのも早いな。裁判という名の、魔女裁判ですな。極刑ではなく、流刑。正体が分かるまでの時間稼ぎ。キクリヒメはまだご存命で、革の前に姿を現した。
少し面白くなってきた。

進撃の巨人 2話
世界観の説明。巨人は、唐突に湧いて出てきたのね。しかも、結構な数で、子供みたいなものまでいるのか。巨人の中にも、特殊な奴もいるようで。大砲の弾を跳ね返すとか、固すぎだろう。なんだか、巨人にまるで勝てる気がしないな(苦笑

フォトカノ 2話
最初からフラグが立ちまくっている主人公は、爆ぜてくれませんかね(苦笑 最後には生徒会長の弱みまで握る。悪い顔しているぞ、コイツ(笑 この主人公、ルリちゃん風に言うと『いいもの』、『わるもの』どっちなんだ。なんだか、けったいな性格をしている気がするんだけど。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 2話
1話よりも面白かった。というよりか、1話の内容が最早思い出せない。結衣がグループから離れようとして責められ、八幡が立ち上が・・・りませんでした(笑 言う事は言えたのか。部活に出ると、勇者王がいた。これで何作目だ、厨二病設定。主人公が過去厨二病を患っていたのは、ステータスなのか? 飽きた。
小説を読んでくれ――ということであったが。雪乃の酷評。八幡のトドメ。それでもまた書いてくる――と。

DEVIL SURVIVOR2 THE ANIMATION 2話
ジプスに回収され。物語の概要が説明される。セプテントリオを倒す。倒す先にも色々とあるのだけど。とりあえずは、倒すことが先決。世界が消える――というのは、その内ちゃんと描写されるはず。一旦は解放され、有明へ。近くの避難所を訪れるも、維緒の母親は見つからない。そして、ジョーが出ない(笑 避難所に突っ込んできたのは、凶鳥イツマデ。戦場で、『いつまで・・・いつまで・・・』と鳴きながら飛ぶ鳥ですね。『いつまで(亡骸)放っておくのか』という、死者の声らしいけど。大体メガテンシリーズの最初に出会う凶鳥で、銃の大切さを痛感する(笑 これの次にモー・ショボーと出会い、『バイナルストライク(HPを1にする)』→『マハザン(全体攻撃)』→全滅、という血も涙もない凶悪コンボを食らわされる(笑 デビサバじゃ、霊鳥扱いか。ちなみにモー・ショボーは、脳味噌を吸うロシアの悪魔ね。
マコトさんが呼び出したのは、パワーか。割と弱め。暴走携帯を破壊して、イツマデは白虎が一掃する。ジプス入りを決意。次からは大阪だね。

RDGレッドデータガール 2話
修学旅行で東京に行き、母親に会う。たったそれだけのことで大変な事に。泉水子を追う、黒い影。深行と共に行動するも、母親とは会う事が出来ず。不思議な現象でさらに行く手を阻まれる始末。迫る黒い影の正体は、雪政だった。眠った泉水子。深行の前に姿を現すも、雰囲気が違う。誰かが降臨している状態。「この先の未来には行かぬ」と、泉水子が最後の器であることを宣言する。泉水子は、神を降ろす器、巫女であった。という解釈で良いのかな。深行は、『荷が勝ちすぎている』ということで、あっさりと任を解かれるが。次回予告で、和宮という生徒はいないという話が出ていたが・・・?

断裁分離のクライムエッジ 2話
ようやく話の構造が見えてきた。祝は、髪が切れたので学校へと行くことに。ランドセルは、あのプロフェッサーの趣味か(笑 病子の襲撃。薬効必中ね。色々と明かされていく。キリンググッズは、所有者を蝕む。殺人衝動。それを満たすためには、殺人ごっこでごまかすしかない。という事らしい。で、祝を殺す事で呪いが解かれる――と。そういうゲームなのか。髪は、一日で伸びてしまうのね。

☆微妙
なし。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アニメの感想 堕天王の逝く道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる