堕天王の逝く道

アクセスカウンタ

zoom RSS アニメの感想

<<   作成日時 : 2013/03/26 21:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

☆面白い
ちはやふる2 11話
肉まん君も色々と思う事があった。千早の判断は、机君を外す。肉まん君、カレーを自棄食い。しかし、千早の判断は、机くんが一番疲れている――と判断してからの事だった。しかし、机君の分析能力が凄すぎるな。机君の助言で、肉まん君も救われ、無事勝利。一方新は、反省文書き。甘いペナルティかもしれないが、これはこれでいい判断だと思う。そして、次が準決勝か。

僕は友達が少ないNEXT 11話
前期は後半に行けば行くほど盛り下がったが、今期は随分と安定している印象。理科が風邪でダウンして、上映会は中止。『最初は、七人で見なければ意味がない』、か。理科の見舞いに行くと、BL本を朗読させられる羽目になり(笑 無事、部員だけとはいえ上映会も終わった後、今度は葵が乗り込んできた。最初は、夜空に論破され、次はマリアが先生でもシスターでもない、と言い始める。そしたら、マリアは本当にシスターではなかった(笑 あ、マリアの目が。しかし、星菜が権力を振りかざして内定させ、結局葵は権力に屈した形に。ゲームをしながら、小鷹に『私と結婚しなさいよ』、『私、小鷹の事が好き』とあっさりと告白する星菜。台詞に被せる形で、『えっ? なんだって!』とわざとらしく言うが、星菜には通用しない。畳みかけられる前に、逃げ出した。理科の目が冷たい・・・。

リトルバスターズ! 24話
久しぶりに小鞠さんが一杯喋ったなぁ。次の指令は、『人形劇をしろ』ということで。話を考えたり、ヌイグルミを修復したりする作業へ。美魚の人形劇(笑 最近、キャラ崩壊が進んでいるな(笑 結局、小鞠の話を採用することになったが。小鞠の話に、既視感を覚える理樹。なんだか、意味深なお話である。人形劇は、小鞠と鈴の頑張りで無事成功。理樹は、ますます疑問を抱き始める。小鞠のお話のように、小鞠も消えてしまったかと思ったが。屋上にいた。なんだか、不思議なお話。世界の真実、ってなんだろうか?

新世界より 最終話
悪鬼は悪鬼ではなかった。奇狼丸を殺させることで、キシ機構を発動させ、自滅させる。これで終わり。残りは、事後処理。スクィーラの言う事は、否定できない。『虫けらのように殺した同胞に謝罪してほしい』、『私たちは人間だ!』と語る。結局、呪力を持たない人間たちが、今の姿になった起因となった別の生物の遺伝子を移植されて作られたのが、彼らだったという事が分かる。それを人間だとするのか。覚は、『彼らを同胞だと思えるかい?』と。まぁ、元人間であるには違いないが、すでに別種の生き物、とするべきだと私も思う。しかし、無間地獄? あっさりと処刑しない辺り、本当に・・・。
最終的には未来に希望が残るような、そんな終わり方に。中盤ちょっとダレたけど、面白かった。というよりかは、興味深かった、という所か。もう一度最初から見るか? と問われる、『もうお腹一杯です』と答えますけどね(苦笑

GJ部 11話
今回は、ちょっとテンポが悪かったが、後半が凄かった。みかんを食った後、猫耳を買って来た。たまが付けるかと思ったら、まさかの紫音さん。可愛いのに、なんだこの微妙な空気は(笑 キララが風邪を引く。ジル、早すぎだろう。続いてキョロが風邪を引いたら、3人やって来た。消毒されている(笑 バレンタインの協定。もう1年経過したのかよ。協定は、『キョロを調子に乗らせないため』とのことであるが。本当に恵ちゃん、城を建てて来た(笑 恵ちゃんは何を言いたかったのか。森さんと聖羅がやってくる。前回破れたのは母、とのこと。やっぱりか。キョロが勝ったらキョロの家に永久就職。なにそれ、是非勝ちたい。しかし、キョロ土下座して不戦敗。森さん擦れ違いざまに、『意気地なし』とチョコを渡す。な、なにこれ、本気だったの? キョロに勝たせて、キョロの家に住むつもりだったのかよ。森さん、このアニメで一番萌える人なんじゃないのか。やっぱりそうだよな。
来週で終わりか。

ささみさん@がんばらない 11話
母親は、黄泉帰りしていたか、やはり。姫と友達になりたい鎖々美。なんか、混戦しているぞ(笑 嫉妬中のかがみ。姫には、下僕か敵しかないと(笑 かがみとの仲を修復し、こちらは一件落着か。母親の方は、ついに夫の事を知ってしまったか(笑 こりゃ、死んだな。天照にとっても、お兄ちゃんは兄なんだなぁ。先に生まれた神なんて、ごまんといるわけで。その中で、生い立ちに陰りがあるのは、最初に流された蛭子か、母神を焼き殺した火之迦具土。しかし、火之迦具土はイザナギに分解されちゃったから、それはないか。
なんか姫が考える計画とか、どうでも良くなってきたな(笑

たまこまーけっと 11話
お妃さまのお話が、あっという間に広まって。チョイは、『様』付け。あまりにも唐突な話で、皆が皆、浮き足立っているような印象だな。ポイントカード100枚でもらえるのは、メダルって。もう少しマシなものはないのか(笑 そんなメダルを無くしたと大慌てしていると、王子がメダルを持って現れた。この話、どうやって締めるんだろうか。

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 12話
真涼と鋭太の会話の白々しい事(笑 そう言えば、姫は海を見たことがなかったのだったな。満喫中。しかし、泳げない真涼だけは、あまり楽しめていないようで。連絡を取り合っていたのは、『乙』のネックレスを作っていたからだったのか。真涼が、ますますコンプレックスを抱えて小さくなってしまった。ノートの最後には、鋭太の意気込みが書かれてあり、真涼は最初からそれを知っていたのか。久しぶりに登場の真涼の妹。真涼の置かれていた環境を語る。このまま真涼ルート突入なのか?

閃乱カグラ 最終話
いい終わり方でした。細かい所はどうでもいいや。二期があるといいな。

絶園のテンペスト 23話
最後に近くなっても、ギャグをやってくれるのは本当に嬉しい。最終決戦に向けて。羽村さんは、ただの変態紳士かよ(笑 思わせぶりな態度をいつも取っていたのに、本当になんでもないのだな、この人は。始まりの木の攻略。人を入れ替え、印象を操作し、艦艇を引きずり出して、再び入れ替えて、後は始まりの木を攻撃。しかし、そんな最中吉野が撃たれた。またかよ、吉野。毎回、最初にやられるなぁ。

☆普通
ラブライブ! 12話
なんという、ウツ回・・・あれ? これ、ラブライブ・・・だよね? 風邪は治った穂乃果であるが、ラブライブ出場はなくなってしまう。その代わり、学校はすんなりと相続することになり。なし崩し的に目的は達成してしまう。そんな中、ことりの留学の話が出て、穂乃果と衝突。消沈してしまった穂乃果は、『アイドルを辞める』と言い出す。それに怒った海ちゃんが、穂乃果を叩き、『あなたは最低の人間です』っと。
・・・いや、まぁ・・・なんというか、穂乃果は戦犯だな(苦笑

THE UNLIMITED -兵部京介- 最終話
最後はきっちりと締めて、これはこれでいいスピンオフだった。ヒュプノを発動させる夕霧。兵部さえも、そのヒュプノに飲み込まれるが、リミッターを外す事で、ヒュプノを覆し、夕霧を確保。呪縛を解き放つが、今度は兵部の能力が暴走。アンディが自分の能力を酷使して、兵部の能力を抑え込む。そして、早乙女は、記憶を吹き飛ばされ、多分認知症だな(笑 夕霧が、一体何の計画の産物だったのか。そこら辺を伏せたままにしたという事は、本編に関係がある事だったのかな。早乙女の息がかかっていない組織は、グリシャム大佐? なんらかの形で原作側が補完するらしいが。そうするには、原作の兵部も戻って来てもらってからじゃないと。それにしても、夕霧の可愛さは大勝利だったな。アニメで、悠理とナイがみたいな。中学生編をするなら、2クール・・・あっても足りるかどうかだけど。原作も切りのいい所までは行ってないしね。

☆微妙
ROBOTICS;NOTES 最終話
原作も微妙だったのに、アニメの最終回も微妙って・・・。1話にまとめるのは、短すぎるだろう。どんだけカットしているんだよ。それに確か最後の方って、何分逃げ回ったら僕の勝ちだ、とか君島が言って、逃げまくっていた記憶があったんだけど。そう、あの戦いは、待っていればロケットが発射して勝ててしまう、君島にとっては楽勝な戦い。わざわざ近づく必要はなかったんだよね。あぁー、それと作戦がそもそも違くないか? ゲームだと、綯さんチームがメイン。ロケットの発車を停止させれば勝ちなんだから。けど、アニメであったように停止コードを受け付けなくて。結局、倒さなければならなくなる。元々、海翔たちは陽動だったはず・・・。
尺が足りなかったんだね。本当に最後の方は、いい所も悪い所もばっさりと省いて、中身がスカスカになってしまった印象しかないなぁ。期待していたその後も、あんな感じで。がっかりだ。そして、色々と説明もしなかった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アニメの感想 堕天王の逝く道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる