堕天王の逝く道

アクセスカウンタ

zoom RSS 定期活動報告

<<   作成日時 : 2012/11/05 15:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

もう大丈夫かな? と先週書いたら、長期メンテに突入してしまいました。今度こそ、大丈夫? 他のブログへの移行も考えたけど、なかなか『ここだっ!』という所を見つけられませんでした。結局、なんだかんだ言って、ここが使い勝手が良い。

10月29日の記事に『ガッツ』を頂きました。本当にありがとう!

とある科学の超電磁砲の二期が決まったそうですね。これは、純粋に楽しみ。DTBの二期のような残念なことにならなければ、それでいいです(苦笑

あと、ファルコムの軌跡シリーズの発表が近々あるのではないか、というお話が。ちょっと、ソースを覚えていないんですけど、なんだか今冬とかいう情報でした。正直、『んな馬鹿な』という感じです(笑 とにかく、なんらかの形で近々最新作の発表があるかもしれませんね。
ペルソナ5は、現在制作中らしいです。まだ、詳細は不明ですけど。その前に、メガテンWか。

では、定期活動報告です。

更新は、ありません。


空白ノ翼について
第七章第五話『トラウマスイッチ』執筆中。結局、一ヶ月ぐらい行ったり来たりしていたので、割とごっそりと消して書きなおしています。今の所、止まっていた原因(よく分からないけど)まで消えてくれたみたいで、現在進んでおります。ちと、プロットにない飛び込みの話まで追加中。
櫻は、両親を失って、橘家に保護されているのだけど、親類はもういないのか? というと、そうではなくて。櫻の父親の兄が前々から引き取りたいと話をしていた――というような話を今書いています。

幽世喫茶
動きはありません。

参加決定イベント
12月9日 へぱちょな15〜IN WONDERLAND〜 大牟田労働福祉会館全館
2013年
1月20日 COMIC CITY福岡31 福岡Yahoo! JAPANドーム

小説
空白ノ翼 第七章『覚醒予兆』

<あらすじ>
小泉由紀子の中に眠る、『赤鬼(せっき)』と呼ばれる力。その力が、由紀子の生命の危機に呼応して、発現暴走してしまう。『赤鬼』を封印するため、由紀子の親友である橘椿が奮闘する。

第一話 『沙夜の友達』 公開中です。
http://47762756.at.webry.info/201112/article_4.html
第二話 『覚醒予兆 前編』 公開中です。
その1 http://47762756.at.webry.info/201112/article_13.html
その2 http://47762756.at.webry.info/201112/article_14.html
第三話 『覚醒予兆 後編』 公開中です。
その1 http://47762756.at.webry.info/201202/article_5.html
その2 http://47762756.at.webry.info/201202/article_6.html

第四話以降のあらすじ
十年前、鬼神皇と呼ばれる組織に拉致された藤堂晃。彼は、薬物調整と人体改造を受け、幹部の一人として戦っていた。橘家に保護された晃。薬物が抜けていくと同時に、彼は少しずつ本来の自分を取り戻していく。
生き別れの妹との関係修復。これから、どうやって生きていくのか。空白の10年間を埋め、社会へと復帰していく第一歩を描く。

幽世喫茶
十一作目完成。次は十二作目。

隻腕のメイラ
あらすじ
人間の国と魔族の国、その国境に面した町。その人間側の町には、『蛇』と呼ばれる連中がいる。彼らは、本来正式な手続きを経て発行される『通行許可書』を無視して、違法に国境を渡る手助けをする者達。法の網目、警備の網目を掻い潜り、巧みに人や魔族を越境させる彼らは、まさに『蛇』と呼ばれるにふさわしい存在だった。
その蛇をしている若い男がいた。彼は、金を稼ぎつつ、情報を得ていた。行方不明になった妹の行方、彼はそれをずっと探している。
その日は、冷たい雨が降っていた。若い男は、路地裏に転がる薄汚れた少女と出会う。左目と左腕が欠落した、満身創痍の彼女は、到底生きているようには思えなかった。しかし、彼女は生きていた。
少女は、魔族の国から来た魔族だった。能力を制限する『ギアス』と呼ばれる特殊銃弾を受けた彼女は、若い男に交渉を持ちかけた。
妹の行方を探す代わりに、72時間の間、匿ってほしい――と。ギアスの効果は、72時間。能力を制限された状態では、まともに戦えない少女は、なんとしてでも72時間、逃げ切らなければならなかった。
若い男と少女の逃亡劇。その最中、若い男はいくつもの選択を迫られる。
今の生活を取るか、少女と共に逃亡生活に身を落とすのか。
少女を追いかける組織から、少女を手渡すか少女と共に抗うのか。
そして――。
行方不明になっていたはずの妹が突然姿を現す。
妹を選ぶのか、少女を選ぶのか。
この物語は、若い男の選択の物語。

二次創作小説
UN−GO
俺の屍を越えてゆけ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
定期活動報告 堕天王の逝く道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる