堕天王の逝く道

アクセスカウンタ

zoom RSS アニメの感想

<<   作成日時 : 2012/03/28 09:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

昨日は夜勤明けで、頭回らなかったので、一日ずれました。最終回ラッシュです。

ノイタミナ枠が最終回。ブラックロックシューターはまだしも、ギルティクラウンは・・・2クールもかけて、結局持ち直す事はなかったな、という感想。持ち直す? いや違うか。直すも何も、最初からずっと最後まで同じだった(笑 4コマは面白いのだけどね。
次回のノイタミナ枠に期待。次は、結構変わったものだよね。『坂道のアポロン』と『つり球』か。どっちも面白そう。

今期は、『あぁ、良かったな』と思えたのは、ブラックロックシューターぐらいかな。他、最終回で後を引く感じのものや、最終回そのものがつまらなかったりとか、色々で。
ただ、これだけは思う。夏目友人帳は、凄い。


☆面白い
未来日記 23話
二人きりになり、雪輝の方は疑心暗鬼のまま。しかし、由乃を受け入れる方向で動いたが、秋瀬の残した遺言で、また由乃にバーサーカースイッチが入った。ムルムルの干渉で、雪輝が知った事実。それは、現由乃は2週目の由乃であり、雪輝が本来知っていた由乃は、すでに殺されていた――ということ。過去に戻っても、シュタインズゲートのように、存在が一つに収束するわけではなく、あくまで別個体として、過去に戻るという、なんともお粗末仕様。そのおかげで、由乃が二人存在してしまうという。神と言えども、何かしらのシステム上に存在するから、全知全能と言うわけにはいかないのでしょうな。事実を知った雪輝は、現由乃を敵と認識した?

ちはやふる 24話
名人戦を鑑賞するため、太一の家に。金持ちは、違うな。小さめのテレビが、42型かよ。ウチのより大きいよ(笑 クイーンが、アイス喰い過ぎで太った。おかげで動きが少し鈍っていたが、すぐに持ち直して、格の違いを見せつける。クイーンの過去も描写。カルタの神にでも愛されているのか。クイーンの背中に札があたって、連取が止まる。つまり、クイーンが取るよりも速く取った――ということ。現名人か。留年している情報は必要なのか(笑 圧倒的な強さで、カルタをするのが嫌になるレベルか。こちらも、レベルが違い過ぎるな。

夏目友人帳 肆 最終回
やはりこの話が、無難に最終回だった。夏目の子供の頃の話を経て、妖を自力で外に追い出し、先生が散らしてくれた。実家には、夏目が残した落書きが残るだけで、何も残ってはいなかった。原作で見た時、この落書きのシーンで泣いた記憶があるけど、二度目なので今回はさすがにそこまで感極まらなかった。夏目にも戻る所がある。塔子さん、マジヒロインだな。いい最終回だった。
五期は、原作から考えても、少し時間を置かないといけないのかな。ほぼ、原作を消化し尽くしたんじゃないかな。

輪廻のラグランジェ  最終話
少し、最終話の演出をこだわって見て、失敗しましたみたいな図(苦笑 先週の勢いを、初手で殺して、『???』とさせたことに、一体何の意味があったのだろうか。EDから入り、レ・ガリテの親善大使・・・だったか、やってきて。ランも帰ることになった、と。ムギナミは不在。その後、ようやく先週の続きを。結局、まどかが例の機能を発現させ、どこか違う次元へと辿り着いた。そこで出会ったのは、例のユリカノ? 先代は、入れ替わりと共に戻った、か。ユリカノが残り、まどかは元の次元に戻り、例の機能をコントロールした? ヴィラジュリオは、ランの兄貴にやられ。ムギナミは撤退。事態は収束する。
結局、アステリアが先代だった? 分割2クールなので、お別れで最終話。まどかとランの、『またね』、『バイバイ』の応酬。結局、ランはムギナミを探し当てたのね。
正直、まどかの行動に感情移入が全くできなかったため、後半は微妙な印象でした。ちょっと、ストーリーに無理があった気がしてならない。序盤、キリウスと戦っていた辺りが、一番面白かったのかもしれない。
あ、公式にユリカノの設定があがっている。えっ? ヴィラジュリオさんの妹?! 最終回後に知る事実(苦笑

アクエリオンEVOL 13話
攻めて来たカグラ。ゲートで繋がっていて、新しい能力も得たカグラは、無敵。能力は、反転? 一方通行さんもやっていたよな。一方通行さんも、「今、お前の血液に触れている。逆流させたらどうなるかな?」とか、言ってたよね。
一端は、カグラにミコノを奪われるも、アンディとMIXのおかげで、救出に成句。しかし、カグラを倒すには、ゲートからの力の流入をカットしなければならない。そのためには、ジンの能力が必要――ということで、アクエリオンが2機になった。
不動とミカゲ。話が進むと、過去生ははっきりして来るらしいけど、この二人もそのまま不動とトーマというわけではなさそうだ。不動は姿を変えたと言われていたし。
ジンのおかげで、ゲートとカグラを切断する事が出来たが、ミカゲの干渉で・・・えっ? ジンが!! 以前、死ぬ死ぬ詐欺をやらかした人がいたから大丈夫・・・と思ったら、次週葬式で死亡確定? ちょっと、ジン君の退場、早すぎだろう。

男子高校生の日常 最終話
ラグランジェに続いて、こっちも反対から。羽原への思いは、『愛』とか『恋』とかじゃなく、多分『畏怖』じゃないだろうか(笑 最後という事で、一通り登場人物たちが出て来ていた、文学少女の行動は、周知の事実なのか(笑 最後は、『俺たちの冒険はこれからだ』で終わった(笑
結構笑えたし、最終回まで『らしさ』を忘れなかったので良かったと思う。2期もあればいいね。最後、けいおんだよな(笑

あの夏で待ってる 最終話
変形するハイエース。檸檬は、ガチMIBなのかよ(笑 どういう設定だよ、そりゃ。目的地になんとか辿り着いたが、目的の物はすでになく。イチカも、宇宙へ。美桜と哲郎は、まだくっ付いていないのか。最後に、イチカが映画に出ていて、終わった。あ、りのんは置いて行かれた(笑
正直、無難も何も、非常に残念な着地だった気がする。これも、序盤が面白かっただけだったかもしれない。

Another 最終話
女の子が二人死んで、犯人は誰かと思えば、風見君だった。思わず、『お前かよ!』と突っ込んでしまった。榊原の神回避。しかし、追いつめられてしまう。が、赤沢さんが助けてくれた。介錯って。先生が戻ってきて、赤沢さんポイっとやられてしまう。華麗に撤退。先生、狂ったおばさんも撃退するし、地味に強いな。
撤退した赤沢さんは、鳴と一騎打ち。完全にヤンデレモード。一年半前に会っていた? ガラスが割れて、赤沢さん磔、死亡。榊原は、覚えていない――と。そして、鳴は死者の所へ。死者は、三神先生=怜子さんだったと語る。ていうか、この二人が同一人物だったことに、今気づいた(苦笑 通り魔の被害者で、七人目の死者だったのか。
榊原、自分の手で終止符を打つ。そして、次の3年3組に残す――と。
呪い自体は、解決してないものの、とりあえず今回の呪いは解決した。根本的な解決ではないので、すっきりはしないものの、収まる所には収まった印象。
しかし、赤沢さんまで・・・ね。生きて欲しかった。

persona4 the ANIMATION 24話
クマの話を回収しつつ、物語は確信へ。1件目と2件目、それと久保は足立。生田目を煽ったのも足立。しかし、足立への熱いメッセージって(笑 エリートから転落した、足立の欲求解消のために、向こう側の世界を利用していた――と。見事なクズっぷりと煽りっぷりだな。マガツマンダラ突入。敵が刈りとるもの?! ちょ、無理ゲー! しかも、二人で対応とか。厳しい。ある程度レベル上がり切ったら、武器回収のため、狩りまくるんだけどね。コイツ、ペルソナ3の時、大分ビビらされた覚えが。シャリン・・・シャリン・・・と迫って来るんだよね。マジトラウマレベル。
足立の犯行を見ながら、話は進んでいく。小西先輩の話、重すぎるなぁ・・・。一番奥で、畳に座りちゃぶ台に向かう足立。これを見た瞬間、思わず最上階で酒を飲んでいた、ペルソナ無印の神取を思い出したよ。
イザナギVSマガツイザナギ。さて、足立を倒してラストバトルだな。所詮は、前座に過ぎないし。

妖狐×僕SSいぬぼくシークレットサービス 11話
しっかり、本編通り。御狐神の過去の話を辿り、手紙の話へ。蜻蛉の言葉に、凛々蝶は『知っていた』と。蜻蛉は、エレベーターに凛々蝶を押し込め、そこで『ごめんね』と汚い字で書かれた紙を渡した。これが、蜻蛉さんのやり方なんだよね。しかし、凛々蝶が怯えるシーンがカットされていたな。ちょっと期待していたのに。この話が終わったら、次週は何をするんだろう。

モーレツ宇宙海賊 12話
黄金船に乗り込み、内部を探索。シュニッツァーの力技で扉をこじ開けたりしつつ、奥へ、奥へ。公式上では、『彷徨える』ということになっているが、王家は位置をちゃんと把握しており、めぼしいものはすでに運び出されていた。夢もロマンもないな(笑 一番奥の、王家にとってはもっとも価値があるもの。その正体は、人工子宮――と。王族は、この人工子宮によって成り立っていた――と。
すでに戦う前から話は決まっていて、事はその通りに進んで、姉妹対決も回避。黄金船は、母星へと帰っていた。すでに人工子宮はネタ切れで、最後の一人を残して、機能を停止した。
王族の演説の最中、茉莉香たちは自分たちの星へと帰って行く。来週からは、姉妹揃って学園生活なのね。

ブラック★ロックシューター on TV 最終話
きっちりと丸く収まって、最終回としてはいいものだった。痛みを斬り捨てるのではなく、受け止める。まとの気持ちが、向こう側の世界に変調をもたらした。斬り捨てて忘れてしまっていた思い出も、それぞれに思いだし、ユウも現実の世界へと戻って来る。結局、先生が何をしたかったのかはいまいち分からなかったけど、4人一緒の姿を見るのは、なんだかとても良かった。破壊されたストレングスも再生した。そうだよね、ユウが表にいる以上、彼女も再構築されるわな。向こう側の世界は残り続ける――とのことだが、きっとそれは元々存在し、『ある事が当たり前』という、物語の設定上の都合なんだろう。今回は、たまたま間違えた使い方をしていたユウを中心に、本来干渉しない二つの世界が必要以上に干渉してしまったせい――そう考えるべきなのかな。
エンディングを見ていると、カガリ、変わり過ぎだろう(笑 ちょっと抽象的で、世界観の設定にある程度、妥協して聞き流さないといけない要素があるものの、きっちりとハッピーエンドだったので、私は良かったと思う。

☆普通

キルミーベイベー
 12話
あぎりさんが、静止画でしか出なかった。・・・いい加減、このアニメ感想を書くのが厳しいよ(笑 ただ、笑えるだけのアニメだもんな。そう言えば、今回は尺稼ぎが酷かった気がする。最後の絵は、なんだったんだ? 脈絡がなさ過ぎたんだけど。

☆微妙
パパのいうことを聞きなさい! 10話
こんな、お互いに無理し合うような環境なんて長く続くはずがない。そう思っていたら、やっぱりこういう展開になったか。妄想夢、多すぎ(笑

ギルティクラウン GUILTY CROWN 最終話
マナの変な動きに、思わず吹いてしまった。集は、マナを拒否して、マナは黙示録を引き起こす。肉体を破壊して、記憶を結晶化する? 人類補完計画みたいなものなのか。集VS涯。一方、綾瀬はダリルと戦闘中。そして、ツグミは・・・誰ですかね、この少年。いましたっけ? と戦う。綾瀬の新しい機体、ファンネルとか撃てるのか。結局、集はいのりの欠片を得て、涯を撃破。そしたら、何故かマナも吹っ飛んだ。・・・いや、本当に何故か分からん。ん? ヴォイドを破壊されたからかな。壊されたっけ? もう覚えてないや。集は、全てを引き受け、ヴォイドも消滅していく。生徒会長が撃たれた瞬間、『ざまぁー!』と言ってしまった(笑 しかし、死んでいなかった。一番の感動シーンは、そんな主人公たちの話ではなく、ダリルを逃がして盾になったあの人の所。名前は知らないや。『ダリル坊やなんだからさ!』、ここだけ感動した。集が回収していたものを、いのりが引き受けて、物語は終息。祭の誕生日に皆集まって――。
結局、この作品、迷走に迷走を果たした挙句、無難な所に落ち着こうとしたが、妙に無難すぎて・・・うむ、やっぱり残念なアニメだ。

戦姫絶唱シンフォギア 12話
クリスが盾になり、月の破壊は辛くも避けられた。そんなクリスの死をせせら笑った事に関して、響がブチ切れて、いつかのバーサーカーモード。カ・ディンギルも次弾装填中。響は、フィーネから目標を翼に切り替え、響VS翼の様相へ。このツインテールの子は、本当ウザイな(笑 翼が己の力を燃やし尽くして、カ・ディンギルを破壊。響も元に戻った。
しかし、フィーネさんが何を言っているのか、本当にさっぱり分からないなぁ。月の破壊は、呪いを解くため。と言っていたと思ったら、重力異常による天変地異を起こし、自分が王になるみたいなことを言いだす。かと思えば、統一言語を取り戻し、創造主に愛の告白? なに、創造主って? 結局、何がやりたいんですか? どれが本音だよ。一転、二転しすぎだろう。
皆の歌声を聞いて、響復活・・・かと思ったら、柱が3本? あれ? 全員復活かよ(笑 感動を返せ! なんだか、シンフォギアも進化しているし。
なんだか、脱力するアニメだよな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ!
私にはよくわかりませんので(笑)娘の感想を
「アポロンあたしも楽しみー!夏目は相変わらずの安定っぷりですよねー!作画もよかった。監督がバッカーノの人でしたっけ?ギルクラはまぢ残念すぎた笑」
こなつ
2012/03/31 00:12
本当にやってきたでゴザル(笑
娘さんに、感想ありがとうと伝えてください。
堕天王
2012/03/31 17:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アニメの感想 堕天王の逝く道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる