堕天王の逝く道

アクセスカウンタ

zoom RSS 定期活動報告

<<   作成日時 : 2012/02/26 10:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日の朝になって、書いていない事に気付いた・・・。昨日は、お仕事の方で久しぶりに色々とありまして。頭をフル回転させて、その結果吹っ飛んじゃったのかもしれないね。

今週一週間の動きとしては、ペルソナ4 ザ・ゴールデンの発売日が決まったり、ロボティクス・ノーツの発売日が決まったり。
ペルソナ4は、vitaだから、買うかどうかは、検討中。追加要素があるとはいえ、持っているゲーム機ならいいけど、本体と一緒に買う程なのか? とやはり迷いが強い。完全新作で、ペルソナ5とか出たら、間違いなく買うんだろうけど。ちと、高い買い物だもんな。
ロボティクスの方は、PS3を持っているので買います。シュタインズゲートのトゥルーエンドの世界線上の未来の話になるみたいね。第三次世界大戦でもなく、ユートピアでもない、誰も見たことのない未来。鈴羽が夢見た未来。



では、定期活動報告です。

合同誌の締め切りが決定しました。
4月27日です。最後の合同誌になりますので、是非是非参加してみてくださいな。

九州創作合同誌企画
http://datenou.blog.so-net.ne.jp/

参加決定イベント
2012年
3月25日 doujin.plus#04 都久志会館 申し込みが受理されました。
5月13日 関西コミティア40 OMMビル(大阪マーチャンダイズ・マート) 2階A・B・Cホール 申し込みしました。
5月27日 COMIC CITY福岡29 福岡Yahoo! JAPANドーム

小説
空白ノ翼 第七章『覚醒予兆』 進行度 16/18
第一話 『沙夜の友達』 公開中です。
http://47762756.at.webry.info/201112/article_4.html
第二話 『覚醒予兆 前編』 公開中です。
その1 http://47762756.at.webry.info/201112/article_13.html
その2 http://47762756.at.webry.info/201112/article_14.html
第三話 『覚醒予兆 後編』 公開中です。
その1 http://47762756.at.webry.info/201202/article_5.html
その2 http://47762756.at.webry.info/201202/article_6.html

こちらは動きなし。というか、動けない。その分、色々とネタを構想中。その結果、第八章以降は、今までの3話区切りと言うわけではなく、覚醒予兆後の話から、第九章『京都編』の間の話を並べて、総じて八章と言うやり方を考えています。
晃編の『日常編』と由紀子夏樹編の『いじめ編』、この辺りをメインでやるつもりです。昔書いた『月下氷人』のリメイクとか、第五章『挫かれた未来と歪んだ契約』の後日談。この辺りも書けたらいいな。

無機物の恋、有機物の虚無 九州創作合同誌企画用小説
タイトルを『恋するロボット』から変えました。企画当初は、恋するロボットこと『C−05』という筒状の医療ポット――自立型医療支援ロボットがメインだったのですが(苦笑 寿命ネタをイカちゃんで使われちゃって、冷めてしまったので元の企画を廃案にしました。で、『有機物』――ようするに人間ですね。エリカちゃんという、12歳の天才少女を出す事で、比較させることにしました。
医療ポットは、分かりやすく言えば人工知能搭載です。自分で判断して――というのとは厳密に違いますが、外部から操作しなくても、プログラムに従い、簡単な医療処置を施す事が可能なものです。これにより、病院の外来、診療所は全廃されている未来のお話。C−05というのは、シリーズの名前で、良くも悪くも汎用機です。ちなみに、商品名は『お助けちゃん』です(笑 このシリーズは、国から配布されているものなので、こういうダサイ名前を付けてみました。
そんな医療ポットの一つに、感情が宿ってしまったという異常が報告される。故に、『無機物の恋』。
それに気づいたのが、エリカちゃん。彼女は、『人工知能の母』とか、『不遜なる東洋の魔女』とか、様々な異名を持つ。しかし彼女は、感情と言うのが希薄である。両親の愛を知らず、一人で研究にのみ生きて来た。英才教育が産み落とした、培養人間みたいなものである。故に、『有機物の虚無』。
感情を宿した無機物と、感情が乏しい有機物。二人の話を描くつもりです。

幽世喫茶
動きなし。

二次創作小説
UN−GO
俺の屍を越えてゆけ
動きなし。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
定期活動報告 堕天王の逝く道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる