堕天王の逝く道

アクセスカウンタ

zoom RSS アニメの感想

<<   作成日時 : 2011/11/29 09:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

最近、P3フェスのラスボス前の会話を時々思い出す。アニメを見ていても、『P3フェスでそんな事を言っていたなぁ』と思う。ネタバレになるので軽く言いますが、『滅びを望む人がとても多い』――そういう話ね。
さて、今回はやっぱりP4かな。P4は、本当に安定して面白い。終盤の天上楽土編まで、こんな感じで楽しめたらいいなと思う。けど、楽しければ楽しいほど、天上楽土編の落ち具合が凄いだろうなぁ・・・。
ピングドラムも核心を突く話が増えて来て。ますます目が離せない状態となって来ています。本当、どんな形で終わりを迎えるのやら。UN−GOは、前後編だったので、後半に期待ですね。というか、風守の活躍に期待。アイマスの展開にも驚いて、今回はギルティが珍しく面白かった。いや、初めて面白いと思った(笑 それに比べて、僕は友達が少ないの減速が激しい。どうも、キャラの性格が馴染めない。そうなると、なかなか苦痛になって来るのだね。2話、3話は物凄く面白かったのに。それ以降が、ぱっとしない。起死回生の話が、これからあるのか。しばらくは様子を観るべしですな。そう言っている内に、終わりそうだけど(笑



☆面白い
WORKING’!!
八千代さん、機械オンチということで。佐藤さんと一緒に携帯電話を買いに行くことに。受付のお姉さん、原作よりも可愛いな(笑 客に舌打ちしている(笑 梢姉さん、ファミレスで伊波ちゃんに泣きつき。運悪く出て来た、陽平。本当に、これが運の尽きという奴だな(笑 美月は店の中に居て、佐藤さんが『いや、轟さん』(笑 休憩室を覗く、梢さんと陽平と美月。佐藤さんが、八千代さんの頭に煙草を載せていたりする様子を全て見られており、悶絶している。
八千代さんの携帯電話のネタをやったが、山田の『私もメールがしたいです』ネタはやりましたっけ? 覚えてない。

persona4 the ANIMATION
今回は、終始笑いっぱなしだった(笑 林間学校回。通称『ムドオンカレー』の襲来に、ジュネスが早々に轟沈。『くせぇーんだよ!』(笑 番長も轟沈(笑 で、あの体の大きな女生徒――名前なんだっけ? 彼女がカレーを処理してくれるオチか。ゲームだと、ジュネスがカレーを譲ってくれと頼んで断られるんだよな。刑死者のコミュである小西弟も登場。コミュの半分ぐらいは消化した感じか。出前はどこでも持ってくるので。アニメ版は、出前で救われたな。ゲームは、おっとっとの奪い合いだからな(笑
小西弟と完二が幼馴染だった。同じ商店街の繋がりだしね。小西弟に遠慮せず、真っ向勝負の番長に小西弟も心を開いた。小西弟は、基本的にいい子なんだよなぁ。漫画版では、ジュネスがメインで徹底的にやったから、アニメ版もあの話を採用するかと思ったけど。でも、これはこれでいい。
完二とジュネスと番長で一緒のテント。『岩があるんすよ!』の件はなし。完二のガチホモ疑惑が晴れておらず、『貞操の危機?』と番長がまたストレートに。『受け止めてくれたんじゃなかったんすかぁ?!』→『夜はパスで』(笑 この後、ゲームだと選択肢が出たはず。番長、迷わず煽りやがった(笑 そして、完二が・・・。
次の日、川で泳ぐことになり。ジュネスの用意万端っぷりに、『引くわ―』と完二。うん、確かにジュネスキモイ(笑 そして、滝つぼに蹴り落とされ、モロキンの吐物が! さらに完二は、例の女生徒に振られるというオチ付き(笑
林間学校は、ゲームではさらっと終わってしまうのだけど、アニメでは色々と要素を加えながら、面白おかしく出来上がっていた。スタッフGJ!
来週は、りせちーが出る。すると再来週は、『モロ見せタ〜イム』なんですかね。やばい、期待が高まる!

侵略!?イカ娘
イカちゃんが、一人で留守番とか危険すぎる。一人遊びの達人な割には、飽きるのも早いな。家に入って来た、明らかな不審人物を、何故千鶴の父親だと思う(笑 誤解のスパイラル発生中。結局、千鶴を呼びに行った際に、泥棒であったことが判明するが、何故か警察がすでに確保しており。早苗の監視カメラは、自分の家に付けているわけじゃないのかよ! お巡りさん、むしろこっちも逮捕すべきです(笑
エビ断ちとか、以前のイカ断ちをした早苗みたいなことになるのが分かり過ぎている。イカの幻覚が気持ち悪い・・・。結局、無茶はいかんという事で。
イカちゃんが熱中症になった。運ばれてきたのは、危険人物早苗(笑 心が休まらないなぁ。早苗の動きに一挙一動するイカちゃん。結局早苗は、『弱っている時は襲わない』みたいだが、なら治ったらどうなのか――。答えない早苗に、イカちゃんも恐怖(笑
今日は、なんか早苗の出番が多かったな。エビ断ちは、以前の焼き増しみたいな感じで、今一つ。今回は他の二本も今一つと言った感じだった。

輪るピングドラム
今回は衝撃回だった。総じて過去編と言った趣か。このアニメの世界観は、現代とほぼ一緒だと思っていたけど、少し違うのね。冠葉は、高倉家の子供じゃなかった。真砂子の兄かよ。そっちが兄妹か。子供の陽鞠は非常に冷めた子。『選ばれないという事は死ぬこと』。晶馬と一緒に子猫を育てることになり、名前が『サンちゃん』。ぞわっ! とした。そういう繋がりなのかよ。母親を待っていた陽鞠だが、結局迎えに来ることはなく、子供ブロイラーへ。子供ブロイラーは、何かしらの比喩表現だと思っていたが、この世界ではガチの出来事のようで。子供を『透明』にすることで、得られるものがあるのだろうか? そんな世界を変えるという高倉父。
物語の核心へと確実に迫っている感じがする。

未来日記
前の学校は派手に吹っ飛んだので、別の学校に行くことになったのか。由乃は、安定したストーカーさんだな(笑 同じクラスメートに、この間裏切った奴がいて。いきなり出鼻をくじかれそうになったが、それに日向が介入して、うやむやに。それとまおというキャラも出て来て。再び起こる連続殺人事件、今度は歯型? 情報規制されている割には、知り過ぎている二人。この時点で、二人を疑うべきだよな。事件現場に行くことになり、由乃も付いてくるが、由乃超怖い(笑 でも、由乃のその慎重さは、雪輝も見習うべきだよな。雪輝には、日記所有者である自覚が欠如しすぎている。事件現場で、先行した日向が襲われ。犬に襲われそうになった所を、秋瀬或というキャラが助けてくれる。建物に籠るが、犬に周りを囲まれ。由乃の言葉はアレだが、ここで由乃が信じられるに足るのは雪輝だけだし、雪輝にとっても由乃しかいないはずだが。しかし、『友達』という言葉の麻薬は、雪輝を確実に狂わせるか。結局、日記をカミングアウトしてしまい、その後まおに背後を取られ、そして日向が登場。彼女が、冒頭で言っていた日記を譲渡された人だったのね。そして、やっぱり秋瀬も日記所有者。なら、あそこで死んでいた死体は誰だったのだろうね。

ちはやふる
新しい部員を探していると、『肉まん君』こと西田優征を発見。誰かと思ったよ、一瞬(笑 千早、よく覚えていたな。新に負けたことがトラウマとなり、カルタから離れてテニス部に入っていたのか。千早との勝負。さすがに強い。そんな中、すっかり感化されてしまい、カルタ部へと入る事となる。
毎回、楽しいなぁ、このアニメ。

UN-GO
前回の最後に、演出が加わって。因果日記で『まっさかぁ〜』とか言っているから、こういう目にあうのだよ、新十郎(笑 飛ばされた先で、新十郎はカメラマン。戦争は起こっていなかったという世界・・・なんか、状況がまるで分らない。謎を解かないといけない。そうは言うが、肝心の謎がどこにあるのか。最後の方が書かれていない台本。女優三人で、解釈もそれぞれ。インターネットを閲覧していると、『風守』の名前が。あぁー、風守は新十郎を探しているんだ。そうしていると、監督が見事に輪切りに。電車で轢いたにしては、切断面が綺麗過ぎるだろう。新十郎は、自分が犯人かもしれないという思いから抜けられない。そこへ出て来た、探偵の梨江。コイツ、唾吐きやがった(笑 キャラが違い過ぎる。お嬢様、なんとはしたない・・・。現実世界では、新十郎はどこかに幽閉状態――なのね。そして、次回の話のあらましを見たら、見事なネタバレっぷりでびっくり仰天。みなさん、次回予告は見ちゃダメ(笑

THE iDOLM@STER アイドルマスター
結局例の記者さんのおかげで、千早の件は解決。961のオッサンは、まだ頑張る。それも千早がアカペラで歌って見せて、ダメになり。むしろ、会場を盛り上がらせてしまった。ゲーム通り、ジュピターもここで961から離れる。ライブの後、社長に連れて来られた場所。そこで、小鳥さんが歌っている! アイドルの写真は、小鳥さんに似ているがほくろの位置が違うので、母親かな。小鳥さんは、自分の立ち位置をきっちりと把握しているのね。小鳥さんが出て来た時は、『やられた!』と思いましたよ。いやはや、後半にかけてますます面白くなってきました。

☆普通
僕は友達が少ない
エアコンがぶっ壊れて。アニメの影響で、兄の前で生着替え。この年で、羞恥心がないのはどうかと思うが(苦笑 ゴスロリから普段着になった。小学生の時に着ていた服かよ(笑 幸村は、両極端。マリアに高価なものを食わせている。話の流れでプールに行くことになり。しかし、実際に行ってみれば、ヒキコモリの夜空と理科が人酔い。多すぎる原因は、安くなっているからか。幸村は、普通に男子更衣室で着替えるのか。やっぱり女だよね、幸村は。プールに行ってみれば、まさに芋を洗うかのような状況。で、夜空と理科が心が砕けて、撤退。他のメンバーも、空気が盛り下がって解散となる。
・・・夜空と理科が空気を読んでいないように見えて、実際空気を読んでいなかったのは、小鷹達だろう。プールはそこでなければならない理由はないはずだし、二人が人酔いしているのだから、プールは別の機会にして休ませてあげても良かっただろうに。そういう気配りもなく強行するから、こんな事になる。このアニメに出て来るキャラクターは、基本的に周りを見ていないし、相談しないなぁ。

ベン・トー
銀髪の双子が来た。容姿的には、この二人が一番好みだな。性格的には、梅さんが一番好きだけど。しかし、銀髪双子だと、ブラックラグーンのあの双子を彷彿とさせるな。姉の梗の方が、ちょっぴりお馬鹿さんか。佐藤――そういえば、今期は佐藤さんが二人いるのだな、たちは、先輩とゲームをプレイ中。先輩全戦全敗で、サターンを投げ捨てた(笑 佐藤、窓から飛び降りて、救急搬送。さすがに先輩も反省した様子。銀髪双子は、先輩を狙っているのに何を間違えたのか、佐藤を先輩と勘違いして。ナース服がエロイな。こういう時は、一応医療従事者として突っ込まざるを得ないのだろう。今時、『看護師の帽子はない』。ギャグなのか、それとも大真面目にいまだに看護師が帽子を付けていると思っているのか。看護師の帽子が撤回されて、結構経つけどな。そんなにイメージが強いものなのか。後、夜に新人が来るわけないだろう(笑 まぁ、そこら辺はいいとして、双子の看護師姿、可愛い。包帯の中身が、佐藤だと判明して。銀髪双子は、やっぱり強いのか。そして、佐藤の包帯グルグル巻きは、ギャグなのか(笑 包帯もタダじゃないんだぞ。佐藤、ギャグでされた処置で請求されたら可愛そうだな。

ギルティクラウン GUILTY CROWN
今回は珍しく――今までの中で一番綺麗にまとまっていた。普通に学校に復帰したが、GHQに確保されていたことで変な噂をする者も。生徒会長――漢字が面倒臭いので生徒会長、の介入もあったが、結局クラスメートにおいては取り越し苦労だった。家に帰ったら、母親が帰ってきて。いのりのことは、あっさりと受け入れた。
変な軍人が出て来た。対地ミサイルを、水平射撃――横倒しするのかよ(笑 狙うは、生徒会長と集の母親が乗っている豪華客船。侵入していた涯の口説き方が酷い(笑 アルマジロは、やっぱり伏線で。飛んできたミサイルを、生徒会長のヴォイドで撃ち落とす。
ずっとこんな調子で進むなら、このアニメを再評価するんだけどなぁ。

☆微妙
なし。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アニメの感想 堕天王の逝く道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる