堕天王の逝く道

アクセスカウンタ

zoom RSS ファアリーファイルの感想

<<   作成日時 : 2010/09/07 19:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

少し前に買っていたのですが・・・『ff〜フェアリー・ファイル〜』の感想を。富士見ファンタジア文庫、冴木忍先生の新作です。

フルメタルパニック以来、久しぶりの富士見ファンタジア文庫。冴木先生の作品『天高く〜』以来です。その『天高く〜』は途中までしか読んでおりませんが。
なんだか、久しぶりに重厚なものを読んだ、そんな気がします。私、結構パラパラと小説を読むタチなので、単行本1冊あたり、大体1時間〜2時間ぐらい。この作品、正確に測っておりませんが、3時間以上は読むのにかかったのでは?
真ん中ぐらいまで読んで、時計を見て絶句した記憶があります。
「えっ? もうこんな時間? まだ半分なんですが・・・」

中身は、暴力的な家庭教師さんが妖精が見える館に住むお嬢様の家庭教師をする。という風な感じ。主人公である家庭教師のパールさんは、本当に直情的な人。ペットの鳥であるエージャスといいコンビです。
お嬢様の方は、真紅みたいな方です。運動以外は、完璧超人。デレなんかありません。ツンツン、嫌味全開です。
男性キャラも変な方ばかりで。サングラスをかけた執事・・・になるのか? ロファルカ。彼は、パールにサングラスを奪われそうになり、逃げ惑っておりました(笑。何やら、色々とサングラスをかけるのには秘密があるようですな。
もう一人は、ハンターという不思議な男。パールたちを光側だとすると、闇側の人間。お嬢様が拒絶反応を示すのにも、何か理由があるのでしょうな。

全体的に、派手さはありません。粛々とした世界観を、パールが駆け抜けていきます。さすが冴木先生という感じですね。今まで読んできた作品の中では、変わった作風の印象。基本的に明るい所があっても、全体から漂う陰気が明るさを隠す作品が多い感じがします。この作品も、その点においては今まで通りか。パール一人でテンションを上げております。

昔懐かしい、富士見ファンタジアの作品。そんな感じです。とても面白いわけでもないが、惹かれるものはある。地味に面白い、と表現すべきか。
2巻が出れば、買おうかと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ファアリーファイルの感想 堕天王の逝く道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる