堕天王の逝く道

アクセスカウンタ

zoom RSS 魔法少女モノに光

<<   作成日時 : 2010/06/14 21:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

ちと眠たいです。どよ〜んとしています。
倦怠感と嘔気。疲れてんだろうなぁ・・・。

普通の日記は、四日ぶりなのか。

四日前から遡って書いてもアレなんで、直近だけ。昨日ぐらいから。
現在、5連勤2日目が経過。あと、3日。
昨日は、日曜日超余裕勤務だったはずが、意識消失で転院があり、一転残業へ。

帰ってきてから、ZZを見て、龍馬伝を見る。
その後、タルタロスで経験値2倍をやっていたんで、プレイ。正直、殿堂鬼畜過ぎる。
二日、2倍を頑張ったのに、50%も行かなかった。
48レベルまで遠いなぁ。


今日は、朝からWORKINGと荒川を。
WORKINGは、安定して面白い。ニヨニヨしてしまうね。山田、マジ可愛い(笑。
荒川は、最近ちょっと面白さが失速してきたかな・・・と思うところはあるけど、まだ大丈夫。ニノさん、顔ぐらい覚えてください(笑。

アニメを見終えて、魔法少女モノの構想に閃きが。目指す所で、やっぱりシリアス半分以下、残りはゆる〜い日常モノなんだということを、再認識。

朝、走り書きした奴、見ますか?

『異世界での決戦を終えて・・・』
荒野をさ迷う人々を見て、単なる風であり、大地であり、空であり、水であった彼女らは、彼らに手を差し伸ばすべくこの世界に実体化した。彼らが二度と迷わぬようにと、国を作り、法を作り、また彼らが生み出した文化、芸術、娯楽を共に享受した。
だが、彼女らは認識していなかった。彼ら人は、彼女らと違って有限の存在であるという事。移ろわぬ彼女らと違い、彼らは時と共に変化していく事。それを認識しなかったから、彼女らは彼ら人にこう言われることとなった。
「あなたたち神々に、人の気持ちは理解できない」
それが始まりであり、終焉だった。

悪意と絶望を喰らいつくした皇帝が暴走した。世界を揺るがす咆哮を挙げ、叩きつけた拳で大地が割れた。人を愛するあまり、人に反旗を翻されたことが、理解――したくなかった。だから、世界を否定することにしたのだ。

その悲しみの根源を知りながらも人の側に立ち、暴走する皇帝を打ち倒すためのプログラムを組み上げた存在がいた。その名は、『女帝』。皇帝と最も近い神であり、荒野をさ迷う人々を最初に救おうと提案した存在である。彼女は、どんなに人類に否定されようとも、人のために戦い続けた。その戦いが、決して人に認められないことが分かっていても、彼女は皇帝に奪われる人の命を、見逃すことは出来なかった。

そして、皇帝を打ち倒した女帝は、一瞬正気に戻り消滅した皇帝の最後の力で、違う次元へと弾き飛ばされる。
皇帝は、察していたのだ。皇帝を打ち倒せば、次は女帝。永遠と続く戦いの連鎖。全ての戦いを終わらせるには、とにもかくにも女帝を、他の生き残っている神々をこの世界から排斥しなければならなかったことに。
だが、皇帝は見落としていた。

戦いは、ただ舞台を変え、神と人ではなく、神と神との戦いに転じていく事に――。



冒頭のイメージ構想です。シリアス100%なんですが、別の次元にいる時にゆる〜い話がないのでしょうがない。

現在の構想では、この後女帝さんは、日本に落ちてきます。うさぎのぬいぐるみを連れて。
落ちた先で、『木花之開耶姫』・・・コノハナノサクヤビメと出会い、エネルギーが枯渇してしまった女帝を元に戻すための作戦を展開することに。
それが、『魔法少女を作り、適当な妖怪をブチ倒して、その時に発生したエネルギーを蓄積する』という内容。

で、たまたま神社に来ていた主人公が、巻き込まれる羽目となる。


まだ決めておりませんが、皇帝が弾き飛ばした他の神々も来ているはずなので、途中途中でぶつかる事になるかと。

女帝は、エネルギーを確保しつつも、他の神々を探す。他の神々が悪さをしないなら放置で、悪さをするなら皇帝同様滅ぼさないといけない。

とはいえ、そんなに簡単には尻尾を出すわけでもないので、主人公と女帝の日々の生活が話のメインになるかと思います。時々、サクヤが出てきて、引っ掻き回すかと。
女帝を敵側にするから、なんとなく上手くまとまらないわけで。
女帝を仲間側にすることで、色々な問題が解決できそう。



今は、この程度まで。少しずつ、形に出来たらと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは、東雲です。
先日リンクを張り直してもらったのに、こちらのポカミスでサーバーを消されてしまいまして(汗)
再度リンクの貼り直しをお願いしたく参上いたしました(汗)
今度は大きなサーバーさんですので、消されることはないと思いますのでよろしくお願いします(汗)

アドレスは以下になります。
http://alchelast.blog.shinobi.jp/
こちらからもサイトとブログにリンクはらせていただきますね^-^
ではでは、お忙しい中失礼いたしました。
東雲あおね
2010/06/17 20:20
お久し振りです。リンクの張り直しを終えました。
サーバーから消されてしまうってこと、あるんですね。

これからも宜しくお願いします。
堕天王
2010/06/17 20:54

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
魔法少女モノに光 堕天王の逝く道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる