堕天王の逝く道

アクセスカウンタ

zoom RSS 研修を受けて、DTBの二巻を見た

<<   作成日時 : 2010/01/29 20:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

今日は、職場でPDD――高機能広汎性発達障害の勉強会と言うか、症例発表? みたいなものがありました。
高機能が付くと、PDDの前に付くみたいだが・・・。
知的障害がないほうに、高機能が付くみたいですね。

ぶっちゃけ、『なんぞ、その病名??』と首をかしげた。
最近、若者による凶悪な事件――神戸の児童殺害とか、西鉄バスの乗っ取りとかは、この病気だと診断されたそうですね。
非常に統合失調症と似ているが、完全に別物の病気とのことで。今回の研修は、統合失調症だと思って治療したら、全然効果がなくて、調べたらPDDっぽくて、手に負えなくなって他の病院へ転院させた、というお話。

正直、小難しい話でした。
途中、自閉症の話とかしていたが、結局繋がっていたのか? わ、分からん・・・。

どんな病気なのか? と、問われても、『統合失調症に似ているけど、全く違う病気』としか、分からない(苦笑。
高機能なんで、普通に学校に通えるけど、すこ〜し妙な所があるような感じ、なんでしょうか。

人の話を聞かず、一方的に話す。
多くのことを、まとめて理解できない→椅子に座って、コップを手に取ってください。と言っても、椅子に座ることしか理解できない。
あとは、知的、聴覚、想像力に、特異な症状が出るとか。

えと・・・何度もしてきたことなのに、それを初めてのように感じ、警戒、怯えを示す。とか、話をしていましたね。
聴覚は、タイムスリップ・・・なんて言っていたか。過去にあった出来事を、まるで昨日あったかのように話す。
想像力は・・・うわ、もう覚えてない。

ちなみに、検索したら色々と出てきますので、
こんなのとか→http://www.hopstepclub.jp/archives/hf-pdd.html


ボーダーの勉強会と聞いていたけど・・・ボーダー、人格障害、です。
正直、関わりたくない病気の一つ。


世の中、色々と進歩しすぎて、色んなことが分かりすぎて、医者の診断も大変かろう、と思う。

最近、驚いたのはイソジンが、ウチの病院使用禁止に。
「はっ? なぜに?」
「細胞を破壊するそうだから、使用禁止だって。ヒビテン使ってね」
・・・マジですか?
調べたら、そんな風潮とのことで。ただ、『イソジン』だけではなく、すべての消毒液に言えることらしいですよ。

でも、今更そんな話をされても・・・。

刻々と、変わっていく。




年間看護要約が終わっていないので、それを少ししてから帰宅。
昨日、DTBの2巻が来ていたので、それをご飯まで見る。

二話+外伝かと思ったら、
一話+外伝で、二話という。こ、このケチったれめ・・・。

三話は、スオウがマジカルスオウになる話です(爆。
対戦車ライフル振り回して、ゴキブリ退治! ですよね、分かります。
死因:ゴキブリに襲われる。
って、最悪だと思う。南無南無。
三話といえば、裸のスオウが押し倒されるシーンでも有名な、一話ですよね。中学生でも容赦しません。それが、黒のクオリティです。
ニコニコに上げられていた変態MADは、抹殺されていました(笑。今、上がっている奴とは別の、とっても酷い奴があったんです。もうね、病院行け、というぐらいの奴が(大笑。
四話は、三巻に。ノリオが出てくる奴。腰ダンスとかあるな(笑。
そうそう、ここから噂のゴルゴが登場するよ。

外伝は、銀と逃亡している頃の話。漫画版の後ですね。
銀のワンピースに、ハァハァしてしまう。黒がツンツンしているが、銀に癒される。だが、結果は第二期なので、もうなんていうか、可愛そうで見てられない。
銀のファンの人は、とりあえず見ろ。見ない奴は、銀のファンを辞めるべきだ!
次回は、第四巻に入り、チャイナドレスの銀が予告に。ますます見るべきだ!
話を戻して、宣伝とかでも出ていた、アンバーモドキ(笑。どのぐらいモドキなのかは、見た人だけが共有できる楽しみですな。マジ、モドキ。これは酷い(苦笑。
ちなみに、OPなしでEDは第二期とは違うものが流れます。
本当、銀にハァハァする外伝ですね。

第二期は、スオウにハァハァするアニメだから、もうDTBも酷いね(笑。
しっかし、銀がすらっとしていて、すんごく美人でした。妻で通しているが、いいのか!
舞台は、沖縄でした。新婚旅行だそうです。あぁ、そうですか〜。

銀とスオウで萌えを補充したので、しばらく生きれる。
異世界の聖機師物語で、ドール分が補充できるので、さらに頑張れるね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
脳の先天的・後天的の、ホンのちょっとした障害で、色々な症状が出てる、とかいう話ですよね。
腹の中でそんなことになっていても、どうにもならない。
昔はそんなことわからなくて「しつけのせい」とかになってた部分。
正直、取り扱いには困ります。
どういう治療するんだろうとも思うし。

DTB、DVD買ったんですね!?
やっぱ買うべき?
あかえ
2010/01/29 22:47
遺伝的なものもあるそうで――子供がPDD、実は親もPDDだった、なんていう話は良くあるそうです。
薬のことについては分かりませんが、対応としては、一つずつ簡素に伝えるとか、スケジュールをきっちり組み、関わるすべての人間が、同じ対応をするとか、そんな話をされていました。
普通の精神科では手に負えない、レベルのようですね。
正直、小難しい・・・。

DTBは、一期のボリュームに慣れていると、一巻に二話と言うのは、物足りなく感じるのは確か。二期の評判があまり良くない(私は別にこれでもいいと思った)ことから考えると、銀と黒がなんで第二期のような状態になったのか、その経過が気になる方は、買っても大丈夫かと思います。
あと、純粋に銀フェチは買わないと行けません。絶対運命黙示録です。黒フェチは、正直微妙かもしれない(苦笑。だって、なんだかいつもに比べてヘタレ臭が(笑。
堕天王
2010/01/29 23:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
研修を受けて、DTBの二巻を見た 堕天王の逝く道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる