堕天王の逝く道

アクセスカウンタ

zoom RSS DARKER THAN BLACK 流星の双子 感想

<<   作成日時 : 2009/12/25 20:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日、最終話を見たので、感想を。
ネタバレを気にせず、ポンポン話すので、まだの方は最後まで見てから読んでくださいな。



さて、DTBの第二期『流星の双子』。
12話というのは、やっぱり辛いなぁ。非常に面白かったのですが、ラスト11話と12話は、分かろうとするにはなかなか難儀な作品となりました。正直、私も細かいところはよく分かりません。ただ、雰囲気が楽しめた私は、最後まで見て、十分納得のできる、楽しむ事ができた作品でした。
ようは、『スオウのためのスオウの物語であり、スオウにとって最も幸福な未来を実現した物語』ということでしょうね。
だから、黒も銀もここでは、脇役なんですね。スオウに的を絞ったお話なので。それが納得できたならば、すんなりとこの物語を飲み込むことが、出来るのではないでしょうか。

しかし、ならば黒と銀の話は、どこでケリを付けるのか。
黒と銀にとっては、今回のオチはまさしくバットエンドでした。なので、今間の話が二つ――漫画とDVD・ブルーレイ収録の偶数巻のオリジナルストーリー、展開しておりますが、今回のオチを先に見ていると、なんだか悲しくてたまりませんね。

そう、劇場版ナデシコを見た後で、もう一度テレビ版を見る苦痛と同じ(苦笑。

今後、三期を作れるような最後にはなっておりました。これで丸投げするか――でも、予約の段階で相当数の売り上げがあるそうなので、三期は安定して作れるかも・・・知り合いからの情報なんですが、そもそも12話になったのは、親会社の収益減でやむなくだった、そうなんで、もしそうなら売り上げても作れない可能性はあるでしょうが。

とりあえず、無難な二期だったということで。


他、細かいお話を。
最後に、意外な人が出てきてびっくり。ハンバーグになったかと思ってたのに。
変態が犯人で裏切り者で、犯人の頭には刀が(笑。南無南無。
葉月さんは、生死不明。
マオの人間時代が見れるのは、二期だけ! 直後、あらびきミンチですが(大笑。
相変わらず、未咲さんが噛ませ犬。
『組織』は、お茶を濁しつつ、最後に取り潰し(笑。結局、組織ってなんよ?!
アメリカが、頑張った。

裸の銀を、黒がお持ち帰りされました。
どこに行ったんでしょうね。ていうか、マントで隠してあげてくださいよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
DARKER THAN BLACK 流星の双子 感想 堕天王の逝く道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる