堕天王の逝く道

アクセスカウンタ

zoom RSS 定期活動報告

<<   作成日時 : 2009/03/23 20:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アニメの感想を停止。漫画の感想は続けていこうかと思う。
特に、語ることもないので、定期活動報告へ。



<サークル名>
PhantomFiveは、オリ神-origin-へ変更となりました。
いい加減しつこいような気もしますが、移行期であるため、3月一杯まで告知します。
もう少しですね。皆様、もう覚えてくれましたか?

<イベント>
○ 04月05日  そうさく畑63  17丁目 7番地
持って行くものは、こちら
○ 04月12日  tenjin.be#05

お知り合いの方の参加状況
でこどらいぶ 14丁目9番地
九州創作合同誌Vol.2の表紙を描いてくれた方です。
True Memory 12丁目40番地
12arma* 『12個のドーナッツ風味』というサークルさんの中に混ざっていらっしゃるようです。サイトで漫画をチェックして、面白かったらGOですよ。
D.M.C様のHPがダウンしていて、参加されているか分かりません。
近いうち、リンクから外しておかないと。

<小説>
カテゴリー『長編小説』
動きなし。

カテゴリー『短編』
幽世喫茶4『割れた思い出』の完成度は、7割程度です。
前回、早く仕上がる・・・っぽいこと言いましたが、今月一杯かかっても出来そうにないです。
結構、手間取っていて、それに長い。
冒頭をちらりとご紹介。


 幽世喫茶4 『割れた思い出』

 とてもけたたましい音がした。火花が散って、視界がぱっと開く。
 蒼穹の天幕に伸ばした己の手が、確固たる形を持っていることに気付いた時――。
 『それ』は、全てを忘れた。


 厄神社、そこは山に澱(おり)積もる穢(けが)れを集積する場所。現在、そこの主として収まっているタカは、境内(けいだい)で寝そべっている少女がいることに気付いた。白髪で、年の頃は十四、五歳程度か。透けるような白い手を空にかざし、隙間から青い空を見つめている。
「・・・なにか、見えるのか?」
 タカは、誰もお金を投げ込まない賽銭箱の前に座り、話かけた。少女は、ゆっくりと視線をタカへと動かす。
「・・・なにも」
「どこから来た?」
「知らない」
「名前は?」
「・・・ない」
 少女は、関心を失ったのか再び空を見上げる。緩やかに白い雲が流れ、初夏の風が優しく頬を撫でていく。草が、さわさわと鳴る。タカは、しばらくの間、少女を見つめていたが、何も進展がないため、同じように空を見上げた。
「・・・いい天気だな」
 その呟きを聞いたのは、駆け抜けた風だけだった。


<企画>
Vol.2の原稿は、現在印刷所の手元に。何事もなければ、完成は来週の日曜日っす。
Vol.2.5のテーマは、『ゲーム』です。8月31日締め切りです。

合同誌のページは、http://datenou.blog96.fc2.com/

前回分は→http://47762756.at.webry.info/200903/article_23.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
定期活動報告 堕天王の逝く道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる