堕天王の逝く道

アクセスカウンタ

zoom RSS ドルアーガの塔の感想

<<   作成日時 : 2009/03/13 19:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

雨と凄い風です。
明日は、冷え込むとか。最後にしてもらいたいな。



ドルアーガの塔 10話
ギル様が、なにやら語っていますが・・・ようは、感情に縛られない、自由な存在になるということ?
それをなんと呼ぶのか分かるか? という問いに、神だの悪魔だの言っておりますが、イマイチ理解できない。
ギル様の言葉を聞いて、私が導いた答えは、『人形』でした。神も魔も、人がいなければ成り立たない以上、人の感情に左右される存在であると言えると思う。俗世とのしがらみがないのは、それを有していない人形だけ・・・と思うよ。
だいたい、それが自由なのかと問われると、正直『???』である。
逆に、感情を抑制せず、やりたいようにやるのが、『自由』だと思うが。

最終決戦間近。相変わらず、弓兵のくせに表に出て戦うニーバ。そんなに前線に出たいなら、最初から剣を使いなさい。
ドルアーガの塔は、若干、ご都合主義っぽい所があるのが正直嫌いである。ファティナの詠唱だって、あんなに長いのだ。いくらでも短時間の詠唱で打ち込むことが出来る魔法を、相手が有しているのに、のんびりと攻撃している。まるで、攻撃を待っているように見えるのに、それに対しての防御策をとらない。これを、ご都合主義だと言って、悪いとは私は思わない。
他にもっと言うなら、シエラだってそうだ。魔導師のくせに、先頭に立って魔法を打ちまくっている。狙撃されるだろう? そう思うのは、私だけ?
役職があるのに、役職を活かしきれないのは、勿体無いと思う。

次週は、ギルとの戦いになるようです。どんなインチキスペックなのでしょうね。
やっぱり、『エア』か?! 『ゲートオブバビロン』なのか?!
『雑種が、身の程を知れ!』なんですかね?!

冗談はさておき、ドルアーガを一人で倒した彼の実力は楽しみである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ドルアーガの塔の感想 堕天王の逝く道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる