堕天王の逝く道

アクセスカウンタ

zoom RSS ドルアーガの塔の感想

<<   作成日時 : 2009/02/20 18:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日、キャベ彦さんから原稿が届きました。これで二つ目。
私の方は、昨日かなり頑張ったのですが、結局プロットを終わらせることができませんでした。まぁ、9割は終わったけど。書いていて思ったのは、『あぁ、16Pとか無理っぽ』。やっぱり、30Pは欲しいですね。次は、30Pに戻すつもりです。プロットの段階で、現在21P。16Pに合わせるために、真ん中のエピソードをごっそりと省かないといけないみたい。

今回の『英雄放浪記』。書けば書くほど、『足りない』と思ってしまう。多分、しっかり書けば単行本1冊に届くと思う。それを16Pに合わせているから、色々とゴリ押しで、説得力が欠ける部分が見受けられる。こんなに大きな話にするつもりはなかったのですが・・・『勇者』の設定が、ダメだったんでしょうね。まぁ、ここまで来たら上手に帳尻を合わせるしかない。


では、アニメの感想を。

ドルアーガの塔 7話
アーメィにカリーが出てくる。ファンサービス的な1話だったようにも思えます。幻であるが、対象者を惑わすというロジックはないようで、純粋な死者(変な書き方だな)として登場。あぁ〜、死ぬ直後にバックアップを取っており、それを再生させたようなものだと言えば、近いのかな。
ヘナロのお父さんには、びっくりした。似せる気が、そもそもなかっただろう、これ(苦笑。成り行きで戦いに参加したように見えたのに、そうではないことにも二度びっくり。意外や意外である。
カリーが見たのが、あの子だったわけか。ようは、『刷り込み』。喪失感に耐えられず暴走しちゃいました。
最後は、ちょっぴり切ない。悲しみを糧にし、前へと進んでいく。

次は、遂にニーバと再会のようです。ヘナロの反応はいかに。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ドルアーガの塔の感想 堕天王の逝く道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる