堕天王の逝く道

アクセスカウンタ

zoom RSS 教えて頂いたものを早速使ってみたヨ

<<   作成日時 : 2008/12/05 21:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

つーさんから、教えて頂いた漫画の描き方。
http://47762756.at.webry.info/200812/article_4.html
詳しくは、↑の下辺りで。

さっそく、小説のプロットを立てるのに流用してみました。
そろそろクリスマス。なので、クリスマスをお題にした小説を書くことにしまして、プロットは以下のように作りました。一部分だけ、抜粋です。



 テーマ『クリスマス』

 町はすっかりクリスマスの様相。
「・・・クリスマスか」
 椿のことが気になる数馬。
「なにかプレゼントを・・・」
 と思うものの・・・。
「なにをやったらいいんだ・・・?」
 十年も会っていない妹の好みが分からない数馬。椿の妹、櫻を頼る事に。

 放課後――。
 沙夜と共に帰宅する櫻。校門前で数馬に出会う。
「・・・数馬さん」
「よっ、ちょっとさ、頼みたい事があってさ」
「頼みたい事?」
「椿が欲しがっていそうなものを教えて欲しいんだ!」

 日をまたいで、お休みの日、天妙にて。
「すまない。時間を割いてくれて」
 通行人の邪魔にならないように、端によってお話。
「身内を大切に思う気持ち、分かりますから。私も、兄さんのプレゼント買わないといけなかったし」
「私も由紀子さんにプレゼントを買わないと」
 それぞれに思いがあるようです。
「さて、一体なにをプレゼントすればいい?」
「・・・姉さん、結構お洒落です」
「服か?」
「でも、私はお洒落に疎いから・・・その、服だと力になれない」
「・・・そもそもサイズが不明だしな。なら、アクセサリーか」
「姉さん、アクセサリーをつけていないから・・・何か、意味する所があるかもしれない」
「避けたほうがいいか」
「・・・意外に、可愛い物、好きですよ。携帯に、犬のストラップを付けてて、嬉しそうに眺めてました」
「へぇ・・・そういう所は、昔から変わらないのか」

 場面変わって、ヌイグルミ屋。
「・・・なぁ、馬、羊、ワニ、兎、猿、犬、猫、どれがいいんだ?!」
 種類の多さに、喚く兄さん。無駄に手を広げてみたりして、バカっぽいですよね。
「あ、このナマコ可愛い」
 どう見ても気持ち悪いナマコですよ、沙夜さん。
「あの子の感想は聞かないほうがいいです。いつも、一本か二本ぐらい、他人とネジの数が違いますから」
「そ、そうなのか。さすが、サトリの後継者だな」
 それは関係ないと思いますよ?
「確かにこれだけあると悩みますね。ここは、数馬さんが純粋にこれが一番いいと思ったものを買うのが、無難かもしれません」
「俺が一番いいと思ったものか。そんなんでいいのか?」
「こう言っては身も蓋もないかもしれませんが、プレゼントで肝心なのは、プレゼントする『人』とその人の『思い』です。数馬さんからのプレゼントなら、よっぽどアレな物でもない限りは、大丈夫かと思いますよ」
「アレな物・・・ナマコとかか?」
「あぁ・・・ナマコも含まれると思います」
「よし! 俺のセンスを見せてやる」
 数馬兄さんやる気です。彼は、昔椿にオルゴールをプレゼントしたことがあります。その事を、櫻は思い出しました。
「あ、そう言えば・・・姉さん、数馬さんからもらったオルゴール、まだ大切にしていますよ」
「そ・・・そうなのか。あんな物、まだ・・・そうか」
 困りながらも、嬉しそう。その情報を下に数馬君が選んだのは――。オルゴールが内蔵された、クマのヌイグルミ。もさもさとしながらも、プリティーです。
「これなんてどうだ」
「いいと思います! 姉さん、絶対喜びますよ!」
 褒められて、自信が出てきた数馬君。購入決定。ついでに、手の平サイズのクマのヌイグルミも買います。
「それもプレゼントするんですか?」
「いや、これは別口。しなくてもいいかもしれないが、せっかくだからな」
「ナマコ、可愛いですよ?」
『それは結構です(×2)』
 沙夜のへんてこな忠告は、ダブルでカットです。



こんな風になりました。台詞の間に色々と挟めて、楽しんでいます。まぁ、小説にする際に、その部分は全て文章化しますけど。
元々、プロットを作ることは、義務感みたいなもので、あまり楽しくない私。作っておかないと後々響いてくるから・・・と作っていたのですが、これまたさっぱりあてにならない。しかし、この作り方だと楽しいし、多分小説にした時も、そのまんまになると思う。これは実にいい。
以前、有田さんから教えて頂いた『企画書』の作り方と合わせて使うことで、長編にも使えそうです。これは思わぬ収穫だ。作品作りが、また楽しくなりそうだ。
上のプロットは、クリスマスの日までには完成すると思いますので、お楽しみに。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
教えて頂いたものを早速使ってみたヨ 堕天王の逝く道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる