堕天王の逝く道

アクセスカウンタ

zoom RSS コミックマーケット75 レポート

<<   作成日時 : 2008/12/31 21:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

本題は、これですね。
はい、PhantomFiveとしては最初で最後の大舞台です。
――まぁ、らしいといえば、らしい最後のような。


一般列を横目に見ながら、サークル入場。素晴らしい。
サークル入場は、まったく混んでおらず、すいすい〜と。西館だったからかな。
ちゃちゃっと準備を済ませ、滞りなく準備も終わり、この段階ではなにも問題ありませんでした。

一般入場が開始となる。
コミケスタッフが棒を持って誘導し、『走らないで下さい!』といいつつ、一列一列誘導。買い物に出かけた駱駝さんの情報ですが、列には切れ目があり(その間に列で封鎖された通路を突破する)、次の列が突入する際のスタッフのセリフ。
「第四波、来ます!」
ここはまさに戦場。
コミケのスタッフのセリフは愉快で、駱駝さんからも色々聞けました。
「階段は、ドMです。踏めば喜びます。一歩一歩階段を踏みしめてください」
だそうです。ハイヒールだと、さらに喜ぶのかな。

私が個人的にツボにはまったのは、『総点検』という不審物がないか確認する時間があるのですが、それの最後――余計な一言が付いていました。
最初は、『不審物がありましたら・・・』という言い方だったのが、最後。
『不審者や不審物がありましたら・・・』になっていたのです。

「ふ、不審者だと?! 一杯いすぎて、わからねぇ!!」


では、ここからはとっても悲惨な西館の有り様をご報告申し上げます(大笑。

最初、一般の列が突入していく様を見つめる。
客は来ない。むしろ、いない。通路ガラガラ。
30分後。やはり誰もいない。通路はガラガラ。
一時間後――。
二時間後――。
「・・・おいおい、あそこのサークルの売り子、寝てるぜ?!」
対面の列の端っこのサークルの女性。寝ていました。
それぐらい、人がいない。居ても素通り。作品を見ない。隣のサークルは有名だったらしく、売れていました。が、買って踵を返すので、他を見ない。
そんな状態が、最後まで(笑。

参加していたTAKAさんに、半ば頃、遊びに行ってきました。
「あの・・・西館って、こんな感じなんですか?」
「い、いえ・・・さすがにそんなことは・・・おかしいですよ、今日」
TAKAさんも、驚くこの有り様。
西館、人がガラガラで踊れますもん。普通に、ドームの方が人がいる(笑。

途中で息絶え絶えの駱駝さんが帰還。
「東・・・やべぇ・・・潰されるかと、流されるかと・・・押し倒されるかと・・・・」
目が虚ろです。乙。

なので売り上げとしても・・・ドームよりはけなかったかも。
閑散としていましたね。暇だった。することなかった。


でも、嬉しいことが一つあったんですよ。
夏のコミティアの時に合同誌のVol.1.5を買ってくれた人がまた来てくれて、今度はVol.1を買って行ってくれました!
嬉しかった。なんか、もうジーンときた。これだけでも、ここまで来て良かったと思えました。
本当にありがとうございます。

本を買ってくれた人、立ち止まってくれた人、皆様ありがとうございました。
来年の夏も、めげずに申し込みます。

そう、赤ブーブーのYahooドームのCOMIC CITY。19が2月1日なんですが、20は5月24日だそうです。
驚いた。関西コミティアとまた被った(泣。

次は、ドームですね。宜しくお願いします。

追伸)
委託をしていただいたサークル様。
残念な状況になってしまいました。本当に、申し訳ない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
コミケお疲れさまです!!大変でしたね。
宝の地図は役に立ちましたか?

会場のあの殺伐とした感じ、少しは建物のせいもあるかも。高い天井、コンクリート打ちっぱなし、冬は寒く夏は暑い…(当たり前か!)
長年参加してるので私は気にならないですが、同じ島の人たちと友好的に過ごせればまあOKと割り切ってます。
ジャンルによって雰囲気や連帯感が違うようなので、自分のところと同じとは限りませんが。
あかへ
2009/01/03 11:12
宝の地図は、友人に託しました。
私は西館で、孤独を堪能しておりました。

会場は、最初は寒かったですが、後はそれほど寒くなかったです。むしろ、人がいなくて(苦笑。
隣のサークルはダミーっぽい奴で、反対側のスペースはたくさん知り合いがいたみたいなので、話しに割り込むわけにもいかず、結局、『暇』と成り果てました(笑。

連帯感・・・あったのは、虚無だけだったと思います。
堕天王
2009/01/03 19:37
隣(37a)のサークルの者です。
当日は騒がしくしてすみませんでした……。
Kei
2009/01/04 17:11
隣のサークル、月光華園様・・・!
『騒がしい』とは全く思っていませんので、謝らないでください。私の記事がそう取れるようなものならば、修正いたします。
来訪ありがとうございます!
堕天王
2009/01/04 19:51

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
コミックマーケット75 レポート 堕天王の逝く道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる