堕天王の逝く道

アクセスカウンタ

zoom RSS アニメとゲームの感想

<<   作成日時 : 2008/11/19 20:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

毎回、ネタもないので、これを復活させてみる。
ざっと、最近したものをまとめて。

まずはゲームから。

葛葉ライドウ対アバドン王
ライドウシリーズ、第二弾。デビルサマナーシリーズとしては、第四弾かな。
前作の超力兵団を、悪魔合体に魅力を感じず途中で止めてしまったのですが、今作は悪魔の数も増えて最後まで楽しみながらプレイできました。久し振りの悪魔会話も素敵。あの理不尽っぷりが、マゾいね。
属性による分岐も復活。最初、思うままに選択肢を選んだら、見事にChaosでした(笑。フリーダム!
合体で、『魔弾の射手』を習得したティータニアが強くて、大変お世話になりました。

キャラとしては、ゲイリンと凪、二人の台詞回しが・・・(笑。通称、ゲイリン語。
http://www31.atwiki.jp/abaddon/pages/140.html ゲイリン語はこちらで習得をするセオリーだ。

ゲイリンは、終盤にかけてとっても熱い血潮を感じた。素敵な人だったね。
凪が、どんどんデレていくのが、なんとも言えない。
弾も結構いいキャラだった。空回り大王だけど。最後、先人を導くとか・・・すげぇ、と思った。
ルイ・サイファは、相変わらず。

今作、トラウマになりかけたのが、魔人ね。特に三章のホワイトライダー。レベル20とかで遭遇すると、もう無理ゲー。何度も殺されたナリ・・・。しかし、最後の方になると魔人もただのエサ。カゲボウシなんか、ティータニアにハメ殺される始末。哀れ。

アリスも漏れなく登場。今回も素敵なイベントでした。真女神転生のときの設定を継いではいないようだが・・・。
ニコニコでそのイベントを見ると、『このロリコンビ』とやたらとつつかれる、ネビロスとベリアル(笑。

そして、あのご立派様も今回は登場(大笑。てか、台詞がエロ過ぎですよ。真女神転生ifで初めて見た時の衝撃を思い出したよ。

ストーリーとしては、考えさせられる内容だったかと。でも、特に素晴らしい! という内容でもなかったかな。ゲームシステムが面白い作品かと。あぁ・・・でも、成田の依頼だけはかなり切なかったよ。
運食い虫は、まさに外道だね。


スーパーロボット大戦Z
2週目まで終わりました。男主人公と女主人公、どちらもクリア。男主人公の方が、話としては好きでした。女主人公は、身勝手すぎる。あの『私は世界で一番不幸な女だわ』的な感じは、ウザイ。周りから差し伸べられた手を無視して、不幸に酔いしれて、主人公向きじゃないよ。
男主人公側の欠点は、精神が熱血しかない事かな。女主人公は、魂覚えるから破壊力が結局リアルの方が上になる始末。あまり攻撃力の差がないのに、魂を持たれたら、スーパー系形無し。
今回、初めてゲッターを使わなかった。真・ゲッターにならないゲッターに価値はない気がする。

かつてα外伝の際、トラウマになった奴の一匹、ターンXは実に普通の奴になっていました。それでも厄介なのは変わりないけど。

今作の評価できる点は、一つある。それはボス級(一部除く)のHPが、十万以下になっていること。OG2のラスボスとか、54万とかありやがるし。でも、SRXの天上天下一撃必殺砲を再動と覚醒で連発するだけで勝てるというオチ。実に意味がない、単純作業である。HPが高いことには、正直疑問を感じていた。

全体的に、普通でした。私の中の最高作品、αをまた越えれなかった。ちなみに二次αをニルファーと呼び、三次をサルファーと呼ぶらしいです(笑。
ただ、今作はオリジナルの敵が、軒並み変態ばかり。
「あー中谷さんの変態指数を1リュウノスケとするとやな、この作品の変態さん達は60リュウノスケってとこやな」
妖幻の血より抜粋。

ジ・エーデルの変態指数は、100リュウノスケ超えるね。
歴代ボスのなかで、びっくりするほど方向性が違うキャラだった。
「地球文明が危険だから壊せと命令されたんだよ」とか、「地球を封鎖するから邪魔しないでね」とか、そんな奴ばっかりだったからな。ここまでエゴを肥大化させた敵は、初めてか。

一応シリーズモノだそうですが、これはこれで完結しているのでいつでも話を不意に出来るか。
出るとしたら、マクロスは出そうな感じ。逆シャアも間違いない。ハサウェイのことが少しでたから、閃光のハサウェイもやるのかね。後、ゲッターは真・ゲッターか。個人的には、ナデシコが出て欲しいです。


続いて、アニメ。といっても、エウレカだけ。

交響詩篇 エウレカセブン
全編見ました。スパロボZを先にしていたので、だいたいの流れは分かっていたものの、やっぱり原作を見るのは違うね。
印象に残った話としては、レイ&チャールズの話と、サッカーの話(笑、あとはアネモネとドミニクか。エウレカが、反抗勢力を殺しまくるシーンも切なかった。
全て見て、とっても好きな作品であると認定した。最後の月のラブラブマークは、お決まりというかなんとういうか(苦笑。
OPは、一期と四期が好きでした。
なんにせよ、エウレカが可愛い過ぎる。男キャラでは、ドミニク(笑。コイツ、相当いいキャラ。
劇場版が決定しているという事ですが、私としてはどうでもいい感が漂っています。もう、アニメはアニメで補完してしまっているので、それ以外は最早蛇足にしか思えない。



てことで、久し振りの感想でした。次は、日曜日ぐらいに『かんなぎ』の感想を。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アニメとゲームの感想 堕天王の逝く道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる